快適くるま〜らんど♪【裏日記】

2006年03月18日

ニッサン新技術を開発…アクセル戻して車間距離を維持

ニッサン新技術、アクセル戻して車間維持

ニッサンは、先行車両との車間距離の維持をサポートし、ドライバーの安全を確保する、車間維持支援システムを新開発した。

今回開発されたシステムは、車両前部に設置したレーダーセンサーが、先行車両との車間距離と相対速度を検出。先行車両に近づいたとき、ドライバーがアクセルペダルを戻した場合、または踏んでいない場合は、システムがブレーキを作動させ車間距離の維持を支援する。ドライバーのブレーキ操作が必要であると判断した場合は、表示と音とでドライバーに知らせるとともに、アクセルペダルを戻す方向に力を発生させ、ブレーキペダルへの踏み替えを支援する。


今までなかったのが不思議なくらいストレートな新技術ですね(^^

実際に乗ってみないと効果のほどは分かりませんが、衝突に対する安全性はかなり良くなると思います。速度が出ている状態と抑えられた状態では、まったく違ってきますからね。

バカな居眠り運転者でも飛び起きるくらいの警告音を出さないと、奴らの事故は減りそうにありませんが…。
posted by たか at 03:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術開発ニュース

石油業界…ガソリン税の引き下げ署名活動を実施!

石油業界、ガソリン税の引き下げ署名活動を実施

石油連盟、全国石油商業組合連合会は15日、「ガソリン税等の道路特定財源の一般財源化反対!」、「道路に使わないならば、暫定税率を引き下げるべき!」との主張に沿ったチラシの配布と署名活動を全国のSSで20日から開始すると発表した。

この署名活動の結果がどうなるかは分かりませんが、仮にガソリン税が引き下げになれば、販売価格も下がるはずですから、我ら一般消費者にとってもメリットがあります。

今月20日から全国のガソリンスタンドでチラシを配るそうなので、給油に行ったついでで良いので、署名に参加しておきましょう!

400万人といわず、1000万人でも2000万人でも、多ければ多いほど署名の力はあがるでしょうから、車に乗っているすべての人に署名して欲しいと、僕は思います(^^
posted by たか at 03:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 燃料価格ニュース
2006年03月17日

当たり屋…覆面パトカーへの接触で自滅

当たり屋、覆面パトカーへの接触で自滅

福岡県警は10日、交通事故によって負傷したと偽り、治療費目的の現金を騙し取る、いわゆる「当たり屋」を行っていたとして34歳の男を詐欺容疑で逮捕・送検した。逮捕のきっかけとなったのは覆面パトカーに対する当たり屋行為だった。

当たり屋なんて、いまだにいるんですねぇ…。それにしてもマヌケな当たり屋ですね。覆面パトカーに気づかず自滅するとは。

しかし1998年ごろから同様の犯行を繰り返していたにもかかわらず、覆面パトカーを見抜けないというのはお粗末な話。

捕まるべくして捕まった、といったところでしょうね。
posted by たか at 01:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース

職務質問の巡査部長…逃走した軽トラックに発砲

職務質問の巡査部長が軽トラックに発砲

大阪市で15日未明、盗難車の軽トラックが大阪府警のパトカーやバイクと接触し逃走。さらに兵庫県西宮市で、パトカーで巡回中の西宮署巡査部長(52)からも逃げようとし、巡査部長が拳銃を1発発砲した。同僚警察官が軽トラックの男を公務執行妨害の現行犯で逮捕した。

発砲によるけが人はなかったが、巡査部長は軽トラックなどに体を挟まれ、肋骨(ろっこつ)を折るなど重傷。バイクの男性もけがをした。


適正な拳銃の使用は何の問題もないと思いますよ。

もちろん警察官だからといって、全員が常識のある善人だとは思っていないので、警察官に拳銃を持たせておくことに幾ばくかの疑問はありますが…今のところは持っているものですし、今回のような場合は仕方ないでしょうね。

すべての警察官が良識ある善人だったら、文句なく安心なんですけどね…。
posted by たか at 01:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース

海外で飲酒死亡事故…外務省2職員「停職1か月」

海外で飲酒死亡事故、外務省2職員「停職1か月」

外務省が、海外で飲酒運転して死亡事故を起こした職員2人の処分を、「停職1か月」で済ませていたことが、14日に閣議決定された、鈴木宗男衆院議員(新党大地)の質問主意書に対する政府答弁書で明らかになった。

過去のことといえば過去のことですが、停職1ヶ月というのはどうなんでしょう?鈴木宗男議員同様、僕も気に入りません。

大体からして、公務員は甘えすぎの甘やかしすぎ。公務員は国に守られているから安泰…なんて思っているんじゃないでしょうか?意識の置き場が違っていますよ、ホント。

公務員は本来、国そして一般国民のために尽くしてナンボでしょう。当然国民のお手本となるような行動をとることは必須です。ところがどうでしょう…飲酒運転はするは死亡事故は起こすはでは、役目を果たせていませんよ。

役目を果たせない人を公務員としておくことに疑問があるんです。さっさと、もっと立派な人と交代させてあげましょう。それが世の中のためです。
posted by たか at 01:16 | Comment(0) | TrackBack(1) | 気になるニュース
2006年03月16日

高速道路を40kmもバック走行…さらに90km先の自宅まで…

高速道路をうしろ向きに走って家に帰ろうとした男

オーストラリア警察は、国内で最も混雑する高速道路のひとつを40キロ以上うしろ向きに走っていた運転手に「必要以上に逆行」の容疑をかけた。

警察発表によれば、この男性は、シドニーとメルボルンを繋ぐヒューム・ハイウェイ上、メルボルンの200キロ北東にあたるベナラで停止させられた。
男性は、唯一動いたのがリバースギアで、さらに90キロ先にある小さな街ニューマーカの家に帰るところだと警察に語ったそうだ。


バックで高速道路を40km以上も走った上に、さらに「90km先」の自宅がある街まで帰ろうとしていたんですから…どうかしています。

なぜにバックで??本当におかしな人もいるもんですね(^^;

間違えて高速道路を逆方面に進んでしまって、途中で気づいてバック走行したんでしょうか…一旦降りて乗りなおすという考えはなかったのか?

公判が気になりますね。
posted by たか at 01:03 | Comment(0) | TrackBack(2) | 気になるニュース

バスを不正改造…保安基準で必要な部品外し車検通してた

バス不正改造し車検通した容疑 いすゞ子会社など捜索

いすゞ自動車の製造した車両の加工、販売などをしている同社の100%子会社「東京いすゞ自動車」(東京都杉並区)が、バスを不正に改造して車検を通していた問題で、警視庁は15日午前、東京いすゞ本社など約10カ所を道路運送車両法違反の疑いで家宅捜索した。

これは…車検のときだけ保安部品をはずして、車検通過後に元に戻していたんでしょうか?

不正車検は今に始まったことではないでしょうが、とくにバスなどの人様の命を乗せて走る車が、保安基準を満たさない状態で営業しているとしたら…殺人未遂です!しかもお金を取って乗せるわけですから、たちが悪い。

過去の余罪もすべて洗いざらしに捜査して頂きたいです。
posted by たか at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース

スーパーマーケットで乗用車暴走…ペダル踏み間違えか?

スーパーマーケットで乗用車暴走、ペダル踏み間違えの可能性

10日夕方、山形県川西町内にあるスーパーマーケット駐車場で55歳の男性が運転する乗用車が暴走し、店の入口付近に突っ込む事故が起きた。この事故で客や従業員など7人が打撲や割れたガラスによる切傷を負った。

アクセルとブレーキを踏み間違えていたのなら、そりゃぁ止まりません。というか、踏み間違えているなら、逆により加速していきます…。

車を止める手段はフットブレーキだけではありませんので、もしものときのために普段から意識しておくといいと思います。サイドブレーキ、シフトダウン(エンジンブレーキ)なども活用するといいですね。
posted by たか at 00:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース
2006年03月15日

速度取締装置の信頼性に言及…有罪判決破棄

速度取締装置の信頼性に言及、有罪判決破棄 仙台高裁

法定速度を32キロ超えて乗用車を運転したとして道路交通法違反罪に問われ、一審で罰金6万円の有罪判決を受けた秋田県男鹿市の自営業男性(40)の控訴審判決が14日、仙台高裁秋田支部であった。畑中英明裁判長は、速度超過を撮影した速度自動取締装置には測定の誤差が生じ得るとして一審判決を破棄、手続きの不備を理由に起訴を無効とした。被告側弁護士は「画期的な判決」としている。

確かに計測器にも多少の誤差はあるのでしょうけど、それは誰がそこを通っても同じ誤差の範囲ですからね…。

それにしても、検察側は装置は実速度よりも低い数値になる「マイナス誤差」しか生じないと主張しているとのことで、なんとも苦しい言い訳。誤差なんてものは、だいたい「±何%」というものでしょうからね。
posted by たか at 02:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース

援助交際目的で接近した男性…少女にクルマ奪われる

援助交際目的で接近した男性、少女にクルマ奪われる

福岡県警は7日、援助交際を目的に接近してきた男性の所有するクルマを盗んでいたとして19歳の少年と16歳の少女を6日までに窃盗容疑で逮捕していたことを明らかにした。2人は容疑を大筋で認めているという。

う〜ん、こまったものですねぇ…援助交際目的で少女に近よってはいけませんよ!って、そっちかい!(^^;

援助交際はこれまでに社会現象とまでなり、さまざまなトラブルがありましたよね。でも、いまだに無くならない…。

この少女と少年の肩を持つわけではありませんが、云わば「世直し隊?」のようなものかも。ふしだらな気持ちで少女に近づき金で買おうとする輩に、制裁を加えていたのですから。。。本来、警察がやらなきゃならないことなのでは?

でも、盗みはいけません。それに、これじゃ美人局。りっぱな犯罪です。きちんと償いましょう。
posted by たか at 02:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース

ひき逃げタクシー…乗客に諭され現場に戻り逮捕

ひき逃げタクシー、乗客に諭され現場に戻る

8日未明、大阪府大東市内の国道170号で、客を乗せていたタクシーが路上に倒れていた男性をはねる事故が起きた。タクシーは現場から逃走したが、客に諭されて現場にUターン。運転していた男は道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕されている。

こんなタクシーには乗りたくないですね…。

それにしても車を運転することを仕事にしているドライバーが、あってはならない事件や事故を起こしたというニュースをよく目にしますが、いったいどうなっているんでしょう?

それでお金を稼いでいるんですから、いわばプロなわけです。プロとしての自覚がないのか?!いい加減、呆れ返ってしまう。

運送業界もそろそろ重い腰を上げて、このぬるま湯のような現状を改革しなくてはいけないのでは?
posted by たか at 02:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース
2006年03月14日

F1開幕戦バーレーンGP!勝者は…

バーレーンGP決勝:アロンソが開幕戦を勝利!!

2006年FIA F1世界選手権はいよいよ開幕のときを迎え、シーズン開幕戦バーレーンGPはバーレーンインターナショナルサーキットにおいて決勝レースが現地時間の3月12日午後2時30分から行なわれた。レーススタート直前の気温は24℃、路面温度40℃、湿度43%、天気は晴れてドライコンディションでのレースとなる。

いよいよ今年も始まりましたね〜F1!

開幕戦の勝者は、昨年のチャンピオン「アロンソ」でした。

今季はフェラーリ&ミハエル・シューマッハも調子を取り戻してきているようで、予選はトップ通過。個人的にはポールtoウィンを期待していたのですが、惜しかったですね。

それから決勝では最下位から怒涛の走りで3位表彰台を獲得した「キミ・ライコネン」はすごかった!

期待されていた?チーム・アグリは琢磨が完走!井出はトラブルによりリタイヤとなったが、チームアグリはこれからのチームですからね、徐々にパフォーマンスを上げていってくれるでしょう。次戦では2台とも完走を目指して欲しいですね。
posted by たか at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1関連ニュース

運転が上手いと評判の女教官…公道バトル参加で逮捕

運転が上手いと評判の女教官、公道バトル参加

静岡県警は7日、公道で「タイムトライアル」と称した暴走行為を繰り返したとして、27歳の女と28歳の男を道路交通法違反(共同危険行為)容疑で逮捕した。女は神奈川県小田原市内の自動車教習所に勤務し、実技教官を務めていた。

おいおい!って感じです。あきれてものも言えません…。

こんなトボケタ教官は彼女だけではないのでしょうけど…他にいないことを祈りたいですね。しかし、こんな人に教わっていたかと思うと、教習生もがっかりでしょうね。

教習所側も仕事が仕事だけに、車に関することに限っては私生活だろうとも、もっと厳重に管理しなければならないのでは?
posted by たか at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース
2006年03月13日

他人の車に激突したタラ・リード…現金を渡して「忘れてちょうだい」

他人の車に激突したタラ・リード 現金を渡して「忘れてちょうだい」

セクシー女優でパーティ大好きセレブとして名を馳せたものの、あまりにも低落した姿に人気もガタ落ちのタラ・リード。昨年は、世界をパーティしてまわる(だけの)ドキュメンタリーテレビ番組が話題になったが、イメージダウンの逆効果で視聴率が悪く番組は打ち切りになってしまった。

金で解決…しそこなったようですね(^^;

僕みたいな貧乏人にはとうてい考えもつかない方法ですが、お金持ちならアタリマエ?

それにしても、飲酒運転はいけませんね。
posted by たか at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース
2006年03月12日

パトカー18台振り切る!爆走女のカーチェイス

パトカー18台振り切る!爆走女カーチェイス50キロ

女ドライバー大暴走!! 9日昼過ぎ、大分市内から大分空港までの約50キロ区間をBMWで暴走した31歳の女が、道交法違反の現行犯で大分県警に逮捕された。最高時速170キロの猛スピードで、信号無視あり逆走あり検問突破あり。18台のパトカー追跡を振り切るとは、ハリウッド映画のカーチェイスシーンを思わせる大胆爆走ぶり。だが動機が「?」なのだ。

「空港に用があり急いでいた」と供述している釘宮容疑者。車は本人所有で免許もあり、飲酒や薬物使用の形跡はなかった。勤務先ではこの日午後から休みを取っていたという。「本当に用があったのか、確認できていない。なぜこんな暴走をしたのか…」と同署関係者は首をひねっていた。


やらかしましたね…カーチェイスですって。暴走女、とにかくすごいです。

仮に空港に用があり急いでいたとしても、これだけの爆走カーチェイスをしておいて、平然と車を降りて用を済ませられると思うか?そう思っていたなら、そもそもおかしい。

詳細は不明ですが、とにかくおかしな暴走女のカーチェイスです。
posted by たか at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース

車内の喫煙注意され殴る…警視庁巡査部長を逮捕

車内の喫煙注意され殴る 警視庁巡査部長を逮捕

茨城県警牛久署は10日、電車内での喫煙を注意した乗客の顔を殴ってけがを負わせたとして、傷害の疑いで警視庁千住署生活安全課主任の巡査部長桑原英男容疑者(50)=同県阿見町=を逮捕した。

千住署によると、桑原容疑者はこの日は日勤で、仕事を終えた後、東京都内で同僚と酒を飲んで帰宅途中だったという。調べに対し「申し訳ないことをしてしまった」と話しているという。


申し訳ないことをしてしまった?はぁ??って感じです。警察官たるもの、どんなに酒を飲んで酔っていようとも、してはならない行為です。

だいたいが禁煙の電車内でタバコを吸うなんてことがおかしい行為であって、注意されて頭にきて、さらには暴力を振るうなんて…最低です。

「酒を飲んでも飲まれるな」って言葉がありますが、自制できないようなら酒を飲むな!と言いたい。警察官としても自覚がまったくないのでしょう。

政治家も教育者も警察官も、皆の模範となるような行動をしなければならない職業です。個々人が自分でどうにかできないのであれば、これらの職についている人は職業上、飲酒を禁止にすればいい。それくらい厳しくできなくって、努力していると言えるのか?
posted by たか at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース

教諭が飲酒ひき逃げ事故…バイクの17歳死亡

バイクの17歳死亡、教諭をひき逃げ容疑で逮捕…鹿児島

鹿児島県警鹿屋署は9日、同県南大隅町の県立南大隅高教諭大和(やまと)美貴容疑者(31)(鹿児島県鹿屋市郷之原町)を道交法違反(ひき逃げ)と業務上過失致死容疑で逮捕した。

大和容疑者は「8日夜に同僚教師と鹿屋市内で酒を飲み、代行運転を利用して帰宅した後、空腹だったため、食べ物を買おうと車で外出して事故を起こした。飲酒運転がばれるのが怖かった」と供述しているという。


教育者として恥ずかしい行為であるうえに、車を運転するものとしても、人としても最低の行為です。

飲酒運転がばれることよりも、車で人をはねてしまったことを心配することもできないのか?亡くなった被害者の命をなんだと思っているのか?

教育者がこれでは、今の日本の教育はマニュアルだけの詭弁であるといえる。本当の教育とは何か?いいかげん…考え改める時がきているのでは?
posted by たか at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース

運転中に両手を離してメイクの女…罰金・罰点

運転中、両手を離してメイクの女に罰金

ノースウェールズの警察官たちは、交通事故多発地点に設置されたカメラ映像を見て眼を疑った。女性ドライバーが、両手をハンドルから離してメイクをしながら運転していたのだ。

8日、マードックは、プーフェリー下級判事裁判所で、不注意運転の罪を認め、罰金200ポンド(約4万1000円)と費用55ポンド(約1万1300円)が科せられ、免許に罰点6ポイントを加えられた。


飲酒運転をする奴、スピード違反をする奴、両手を離してメイクする奴…他にもいろいろありますが、ルール・法律を守れない奴が免許を取得して平然と車を運転していることに問題はないのか?

実地教習や学科試験もあるが、古くからの形式的なものにすぎず、お金を払えば取得できてしまう状態に近いと思う。

不適格者に免許を渡すことに罪はないのか?その部分を容認している国に罪はないのか?

事故を起こしてからでは遅いですからね、先手先手にまわって対処しておきたい問題です。
posted by たか at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース

40年間の無免許運転…事故隠ぺい身代わり依頼で逮捕

40年間の無免許を隠ぺいするため、元妻に身代わり依頼

神奈川県警は6日、交通事故を起こした際に離婚した元の妻に連絡を取り、身代わりを依頼したとして65歳の男を道路交通法違反(無免許運転)や犯人隠避教唆で逮捕した。これに応じた69歳の女についても犯人隠避容疑で書類送検する方針だ。

男は一度も運転免許を取得した経験がないが、これまでに約40年間を運転を続けており、それまでは無事故無違反だった。


これまでの40年間は無事故無違反というよりも、たまたま警察沙汰にならなかっただけでしょう。

事故を起こしても今回のように誰かに身代わりになってもらっていたかもしれませんし、違反をしても警察の目にとまらなかったり、逃げ切っていたかもしれません。

いずれにしても、40年間も無免許運転を続けてきたような輩です、何もないほうが不自然。というか…無免許運転は、りっぱな違反行為です。今まで無免許が発覚しなかったことが、事故です。
posted by たか at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース