大型オートバイをリコール スズキ

2005年12月14日

大型オートバイをリコール スズキ


大型オートバイをリコール スズキ

スズキは12日、電気配線に不具合があったとして、大型オートバイ「イントルーダー」と「ブルバード」計140台(2004年7月−05年5月生産)のリコールを国土交通省に届けた。

不具合の状況としては…

「電気装置において、イグニッションスイッチの配線の取り回しが不適切なため、クラッチケーブル、スロットルケーブル、メインハーネスと干渉しているものがあります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該部位が摩耗して配線の被覆が破れ短絡し、最悪の場合、エンジンが停止して再始動ができないおそれがあります。」

とのことです。

出先でエンジンの再始動ができなくなってしまうと本当に厄介です。これから年末年始を迎えディーラーなども休みに入りますので、早目の対応をしておきましょう。

詳しくは「スズキのHP」をご覧ください。
posted by たか at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | リコールニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック