名古屋市交通局、給与カット…労使合意「全職員で経営立て直し」

2005年12月25日

名古屋市交通局、給与カット…労使合意「全職員で経営立て直し」


名古屋市交通局 5〜13%給与カット 労使合意 「全職員で経営立て直し」

名古屋市交通局と市交通労組は、来年度から全職員の給与(ボーナスを除く)を5〜13%カットするなどとする経営健全化計画に合意した。22日の労使交渉で決まったもので、給与削減率では昨年度実施した横浜市交通局(最大12%)を上回る。

昔は公務員というだけで将来が保証されていたような感がありましたが、今は公務員でもそうもいっていられないですね。

日本の負債も1人あたり600万円にもなるようですから、日本国自体の破綻の危険性もあります…。

一般の会社であれば、立ち上げの段階など給料が出なくてもがんばったり、倒産寸前のような状態から立て直す際に、無休無償で取り組んでいるようなところもあるでしょう。

国を大きな会社だと見立てると、政治家や公務員などは国の社員ということになりますが…国が本当に危なくなった場合に、無休無償で再建に取り組むような人が果たしているのか?今回の名古屋市交通局はがんばっていますね。他はどうなんでしょう…。
posted by たか at 03:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック