ハイブリッド車…海外勢は共同開発、トヨタ・ホンダに迫る

2005年12月31日

ハイブリッド車…海外勢は共同開発、トヨタ・ホンダに迫る


ハイブリッド車 海外投入、技術の競演

トヨタ プリウス独走、強気戦略/ホンダ 独自システムで追撃

エンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッド車の販売が世界市場で順調に広がりを見せている。トヨタ自動車は平成9年12月に「プリウス」を発売して以来、今年10月末までの累計販売が50万台を突破。来月からは中国でも販売が始まる。ホンダのハイブリッド車も、昨年12月に北米限定で排気量3.0リットルの「アコード」が発売されたほか、11月には全面改良した「シビック」が国内で発売されるなど、拡大基調にある。


ハイブリッド車といえばトヨタ…というくらいの知名度&シェアを誇るトヨタ。そして、それに対抗するホンダ。

世界的に見ても日本のハイブリッド技術は進んでいますが、2007年度からいよいよ海外勢がハイブリッドに力を入れてくるようです。

「独BMWとダイムラー・クライスラー、米ゼネラル・モーターズ(GM)が共同でハイブリッドシステムを開発中」とのことですので、魅力的なシステムが期待できそうですね!

今後もハイブリッド技術から目が離せませんね(^^
posted by たか at 00:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術開発ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/11175212
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。