日産・トヨタ・マツダ・クライスラー…リコールの嵐

2006年02月25日

日産・トヨタ・マツダ・クライスラー…リコールの嵐


日産2車種で欠陥、14万台リコール…トヨタなども

日産自動車は23日、乗用車「エクストレイル」「プリメーラ」の燃料タンク部品に欠陥があったとして、国土交通省にリコール(回収、無償交換)を届け出た。

対象車種は、「2000〜04年製の計14万7378台。給油パイプの製造不良で、パイプがさびて穴が開き、燃料が漏れる恐れがある。」とのことですので、燃料が漏れて引火!何てことになる前に、早急に対処しておく必要があります。

それから、トヨタのラクティスでもリコールが発生しています。

「製造不良のため後席シートベルトが固定されていない車両があるとして、05年製の2万5847台をリコール。」とのこと。命を守ってくれるはずのシートベルトを締めていても、固定されていないのでは意味がありません。こちらも早急に対処しておく必要があります。

さらに、マツダの小型トラック・ボンゴとタイタンにもリコール。そして、ダイムラー・クライスラーのジープ・ラングラーなど3車種にもリコールが発生。

リコールの嵐ですが、まったくもって良いことはありません。該当車種にお乗りの方は、面倒でしょうけどディーラーに持ち込みましょう。
posted by たか at 01:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | リコールニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック