ミシュランがリコール…タイヤに空気漏れの恐れ

2006年02月25日

ミシュランがリコール…タイヤに空気漏れの恐れ


ミシュランがリコール タイヤに空気漏れの恐れ

日本ミシュランタイヤは22日、空気漏れの恐れがあるとして、フランス製の乗用車用タイヤ435本(2000年1月−05年11月生産)のリコールを国土交通省に届けた。

タイヤのリコールですかぁ、これは怖いですね。

「側面部分の構造が不適切なため、走行中の衝撃などで変形し空気が抜ける恐れがある。」とのとこですが、空気が抜けるだけで済むのでしょうか?走行中ならバーストする危険性があるのでは?

それにしても構造が不適切って、企画している段階で気づきそうなものですが…。
posted by たか at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | リコールニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック