新年会帰りに飲酒運転で事故し逃走…消防署員

2006年02月25日

新年会帰りに飲酒運転で事故し逃走…消防署員


飲酒事故で懲戒免職 新年会帰り、衝突し逃走 行田市消防指令

行田市は二十四日、酒酔い運転で人身事故を起こしたとして、市消防本部総務課課長補佐兼警防係長の高橋淳夫消防指令(51)=危険運転致傷罪、道路交通法違反で起訴=を、二十三日付で懲戒免職にしたと発表した。

横田昭夫市長は「公務員にとってあってはならない行為。被害者や関係者に迷惑を掛け、大変申し訳ありませんでした。再発のないよう、市長としても職員の先頭に立って襟を正していきたい」と話した。


公務員でなくても、あってはならない行為ですよ。

新年会帰りに飲酒運転で事故を起こしたということは、公務員がお酒を飲むことを承知の上で新年会に車で行っていたということです。まったくもって、けしからん。

関係上司らにも処分があるようですが、当然です。こういった自体が起こりうる可能性を想定して、前もって新年会などの参加する職員に徹底したルールを課すことすらできないのか?

職員一人ひとりの意識の低さに付け加え、管理職者らの意識の低さがこういう事故を引き起こすものだと、僕は思う。
posted by たか at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(1) | 事件事故ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/13772704
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

飲酒運転 罪と罰
Excerpt: 飲酒運転は懲戒免職 府教委、月内に基準策定 (産経新聞) - goo ニュース あったあった そんな事件が 大阪府教育委員会が昨年酒気帯び運転の教諭を懲戒免職にしたが、本人からの不服申し立てを受けた府..
Weblog: 王様の耳はロバの耳
Tracked: 2006-03-09 18:50