通勤電車に間に合ったけど車の中に赤ちゃんを置き忘れたお父さん

2006年03月27日

通勤電車に間に合ったけど車の中に赤ちゃんを置き忘れたお父さん


通勤電車に間に合ったけど、車の中に赤ちゃんを置き忘れたお父さん

米国ワシントンDC近郊で、朝の通勤電車に乗り遅れまいと慌てたお父さんが、駅まで乗っていった自家用車の中に自分の赤ちゃんを忘れておいてきてしまったたまま、うっかり電車に乗り込んでしまった。

ジョナサン・サンダーさん(33)は、電車に乗った後に生後7ヵ月半の娘を置いてきてしまったことに気がつき、次の駅で乗り換えて電車で引き返した。


あぶないですね…でも赤ちゃんは無事に救助されましたし、何事もなくってなによりでしたね。

あちらの法律では、「8歳以下の子どもを置き去りにした場合、30日以内の禁固刑か500ドル(6万円)以下の罰金が課せられる。」とのことです。厳しいようですが、これくらいしないと命にかかわる「うっかり事故」がなくならないのでしょうね。
posted by たか at 00:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック