三菱商事と東工大…無公害循環燃料エンジンを開発

2006年04月18日

三菱商事と東工大…無公害循環燃料エンジンを開発


燃料はマグネシウムと水、三菱商事と東工大が無公害エンジン実験機を開発

三菱商事と東京工業大学は4月12日、石油などの化石燃料を使わず無公害で燃料を循環して利用できる新型エンジンの実験機を開発したと発表した。自動車や船舶、コジェネレーションなどでの利用を見込み、3年後の実用化を目指す。

この技術、すごくないですか?!

石油などの化石燃料を使うことなく、無公害でしかも、燃料を循環して使うことができるらしいです。

循環して使えるってことは、永久燃料?とでも言って良いのかな。原油価格が高騰するたびにシワ寄せを食らうようなガソリンよりも、断然こっちのが良い感じ。早く実用化されて、普及したら良いのに。
posted by たか at 00:29 | Comment(0) | TrackBack(1) | 技術開発ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

燃料はマグネシウムと水、三菱商事と東工大が無公害エンジン実験機を開発
Excerpt: 燃料はマグネシウムと水、三菱商事と東工大が無公害エンジン実験機を開発 三菱商事と東京工業大学は4月12日、石油などの化石燃料を使わず無公害で燃料を循環して利用できる新型エンジンの実験機を開発したと..
Weblog: テクノロジーとマネジメントの狭間に
Tracked: 2006-04-19 22:34