【F1】ルノー“スパイ活動”?フェラーリの無線傍受

2006年05月08日

【F1】ルノー“スパイ活動”?フェラーリの無線傍受


【F1】ルノー“スパイ活動”!?フェラーリの無線傍受

世界選手権第5戦欧州GP公式予選(6日、ドイツ・ニュルンブルクリンサーキット=1周5.148キロ)敵がい心、ここに極まる?! ルノーのフェルナンド・アロンソ(24)=スペイン=が昨年10月の中国GP以来初、通算10度目のポールポジション(PP)。ミハエル・シューマッハ(37)=ドイツ、フェラーリ=が2位に続いたが、ルノーが5日のフリー走行でフェラーリの無線を傍受していたことが発覚。宿敵同士の争いがスパイ騒動にまで発展した。

これは驚きですね。まさかここまでやるか?って感じです。

何度も周波数を変えて防戦していたのに傍受を妨げなかったってことは、やっぱり故意に無線を傍受していたってことですかね…。
posted by たか at 01:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1関連ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/17522187
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。