「オペル」日本撤退…GMの経営見直しで

2006年05月09日

「オペル」日本撤退…GMの経営見直しで


「オペル」日本撤退、GMの経営見直しで

経営不振に陥っている米ゼネラル・モーターズ(GM)のアントニオ・ザーラ日本法人社長は8日、傘下のドイツ車「オペル」の日本での輸入・販売を年内に終了すると発表した。

世界規模での経営見直しの一環で、直営店のほか、販売代理店のヤナセを通じた販売も打ち切る。1993年の日本での本格販売開始から14年で撤退することになる。


GMの経営見直しがここまで深刻化しているんですね。こういうニュースを見るとあらためて実感します。

なお、「GMとヤナセは、部品交換などのアフターサービスには万全を期す」とのことですので、その点はひとまず安心できますね。
posted by たか at 06:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック