ガソリン価格…湾岸戦争の91年以来の高値

2006年05月09日

ガソリン価格…湾岸戦争の91年以来の高値


ガソリン、湾岸戦争の91年以来の高値 1L135円

石油情報センターが8日発表したガソリンの店頭価格調査によると、レギュラーの全国平均は5月1日時点で、前週より4円高い1リットル135円となり、湾岸戦争突入直後の91年2月以来の高値を記録した。ハイオクと軽油も、それぞれ4円ずつ上がり、1リットル146円と1リットル112円になった。

いったいどこまで上がるんだ?高値更新…って、なんだか昨年から何度も同じようなことを言っている気がします(^^;

それにしても高いですよね。2〜3年前は1000円分でレギュラーなら10リッター以上入りましたが、今では7リッターほどしか入らない…。こりゃ開き直るしかありませんな。
posted by たか at 06:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 燃料価格ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/17569084
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。