運転手に酒を出したラーメン店を家宅捜索

2006年05月12日

運転手に酒を出したラーメン店を家宅捜索


運転手に酒を出したラーメン店捜索 兵庫県警

長距離トラックの運転手が酒を飲んで運転しているのを黙認していたとして、兵庫県警は11日午前、道路交通法違反(酒気帯び運転の幇助(ほうじょ))の疑いで、京都府福知山市夜久野町の「長浜ラーメン」の店舗を家宅捜索した。同店は数年前から、常連客の運転手が勤務中に立ち寄った際、酒を飲ませていたという。

運転手らにお酒を販売していたお店まで家宅捜索されるようになったんですね。

運転手らが酒を飲んだあと何時間くらい休んでいくのか?なんてことまで把握しているお店なんて、そうそうないんじゃない気がしますがね…。

酒を飲むことが悪いんじゃなくて、飲酒運転が悪いんであって、飲んだあとのことは運転手の判断だとは思いますがね。

まぁこれは厳しいようですが、飲酒運転撲滅のためには致し方ないことかもしれませんね。
posted by たか at 03:19 | Comment(1) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース
この記事へのコメント
ご紹介させていただきました
Posted by 無料 at 2008年01月24日 18:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック