「下取り」VS「買取」車が高く売れるのはどっち?意外と知らないこの事実

2017年05月30日

「下取り」VS「買取」車が高く売れるのはどっち?意外と知らないこの事実


20170530.jpg

車を売却するときによく耳にする「下取り」と「買取」、いったいどちらが高く売れるのでしょうか?新車に買い換えるときは下取りが一般的ですが、実は…

「下取りより買取のほうが平均16万円高く売れた!」

という調査結果が出ています。

何も考えずに下取りにだして、知らず知らずのうちに損してしまっている人も…車の下取りで損しないための秘訣や、下取りと買取の違いについてお話します。


「下取り」と「買取」、このふたつの違いをよく知らない人も多いみたいですね。

記事にもあるように、一般的には車を買い替えるときは、「今乗っている車を下取りに出して、新しい車を購入する」という流れになると思います。

これは言い換えると、「新しい車の購入金額から、今乗っている車の査定額を値引きしてもらう」ということ。

これが下取りです。

買取はそのままの意味ですね、「今乗っている車を買取ってもらうこと」です。

車を買取ってもらうだけなので、「次の車は自分で用意しなければいけない」という手間がかかるので、次の車の目星がついている人や、単純に車を売却したい人以外はあまり利用しないのかもしれませんね。

ただこの「下取りと買取の査定額の違い」を知ってしまったら、下取りを利用するのはあまり得策じゃないなと思っちゃいますね。

じっさい僕もこの違いを知ってからは、車を手放すときは必ず買取で売却するようにしています。

記事ではおすすめの買取方法も紹介されているので、参考にしてみてください。
posted by たか at 13:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 ブログ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/450361121
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。