【驚愕!】14億円超のロールスロイス誕生!ワンオフモデル「スウェプテイル」

2017年06月05日

【驚愕!】14億円超のロールスロイス誕生!ワンオフモデル「スウェプテイル」


295658.jpg

ロールス・ロイスは、史上最高額となる新型モデル、「スウェプテイル」を公開した。

セレブの車イベント、「コンソルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」でワールドプレミアされたスウェプテールは、VIPのリクエストにより、「ファントム・クーペ」からプラットフォームを流用し、制作されたワンオフモデルだ。

威圧感のある専用デザインのフロントエンドや、逆三角に絞られたガラスルーフを持ち、ヨットをイメージしたテールデザインが強烈なオーラを放っている。


なんと!最新モデルのロールスロイスは『14億円超』という驚きの価格!

「スウェプテイル」は、セレブのための超VIP仕様のワンオフモデルということですが、やっぱり品がありますね。

ヨットをイメージしたというテールと逆三角形のガラスルーフが特徴的ですが、このルーフの形って、昔のビュイック「リビエラ」を思い出させますね。

リビエラのリアウインドウは、サイドまで巻き込むようにアールがかったデザインで、コストが高そうなガラスでした。でもカッコ良かったなあ。

ロールスロイスは高くて買えないので、リビエラの後継車種でもでないかなぁ。
posted by たか at 12:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/450556770
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。