ホンダの自動運転「レベル4」は2025年に一般道での実用化を目指す!

2017年06月12日

ホンダの自動運転「レベル4」は2025年に一般道での実用化を目指す!


295879.jpg

ホンダは6月8日、現在開発を進めている自動運転について、2025年頃をめどに、「レベル4」の技術的な確立を目指すと発表した。

米国の自動車技術者協会のSAEは、ゼロから5までの6段階の能力に基づいて、自動運転のレベルを定義づけ。SAEのレベル4とは、ドライバーが制御を再開する必要がある場合を除いて、ほとんどの運転状況において、車両がドライバーに代わって運転操作を行うことを意味する。


ホンダの自動運転は2025年目標ですか。

東京オリンピックには間に合わないのかな?と思ったけど、

これは、完全自動運転の「レベル4」の一般道での目標とのことで、

東京オリンピックの開かれる2020年には、高速道路での実用化をはかるようです。

その後、2025年を目標に一般道での完全自動化がはかられるようですね。

完全自動運転が普及したら、運転する楽しみはなくなってしまうけど、

それによって事故が減り、命を落とす人が減るのなら、そういう車社会も悪くはないと思います。
posted by たか at 14:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術開発ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック