『ふんわりアクセル』実はNG?本当にエコなアクセルの踏み方とは

2017年07月13日

『ふんわりアクセル』実はNG?本当にエコなアクセルの踏み方とは


10268692.jpg

ゆっくり過ぎる加速は自分自身にも社会全体でもエコじゃない

最近はガソリン価格が比較的安値で安定していることもあり燃費への関心は薄れているように感じるものの、それでも一時期のガソリン高騰の記憶もあり、アクセルワークを代表とするエコな走り方をする人は多い。

エコな走り方は同乗者に不快感を与えないスムースな運転や安全につながることもあり、基本的には歓迎すべきことなのだが、やり過ぎたり、考えなく行うと周りの迷惑になることも多々ある。そこで今回は「本当にエコなアクセルの踏み方」を場面ごとに考えてみたい。大前提となるのは「周りの様子を見ながら」ということだ。


確かに昔に比べると、ハイブリッド車の普及などもあり低燃費な車に乗る人が増えているので、それほど燃費に関して気にしない人も多くなっているかもしれません。

それでもガソリン価格は20年前の1.5倍と、だいぶ高騰してしまっているのは事実です。

エコな走りで多少なりとも燃費をコントロールできるなら、そういった技術を身につけておくのもいいですよね。

記事では、「ふんわりアクセル」の効果以外にもエコな運転方法を、ドライバー側と周りからの目線で紹介されています。

エコな走りに集中するあまり自分本位な運転にならないように、一人ひとりが十分気をつけたいところですね。
posted by たか at 11:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック