誰もが憧れたあのパーツ!70〜80年代に一世を風靡した自動車パーツ

2017年07月24日

誰もが憧れたあのパーツ!70〜80年代に一世を風靡した自動車パーツ


10269398.jpg

BBSのメッシュホイールやコニのショックなどクルマ好きの定番

何事にも流行り廃りがあるように、クルマの各種パーツにも一世を風靡した名品があった。たとえば、60〜70年代チューニング界で三種の神器と言われた「ソレ・タコ・デュアル」。ソレックス製の大口径キャブレターとタコ足(エキゾーストマニホールド)、デュアル(2本出し)マフラーの3点セットは、ワークスカーからチューニングカーまで、エンジンのパワーアップのための定番メニューとして知られていた。


おお!これは懐かしい

ソレ・タコ・デュアルもBBSも、僕が生まれる前とか子供の頃に流行っていたモノなので世代ではないですが、小学校高学年〜中学生の頃にチューニング本などを読み込んでいたのでよく覚えてます。

当時、近所のお兄さんや親戚のお姉さんなんかに、こんな感じの車に乗せてもらったときの記憶も蘇ってきました。

僕が免許を取って車を乗り回していたのは1990年〜2000年代になるでしょうか、その辺になるとカスタムの指向もさまざまになり、コレ!といったパーツをピックアップするのは難しいですが、どんなカスタムでも定番チューンというのはありましたね。

でもあれですね、こういうの見てると久々にカスタムしてみたくなってしまうので、おじさんには毒ですねw
posted by たか at 13:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック