【旦那さん必見】好きな車の購入を渋られたときの奥さんの「口説き方」

2017年07月28日

【旦那さん必見】好きな車の購入を渋られたときの奥さんの「口説き方」


62557.jpg

自分が欲しいと思う車がネオクラシック系のものである場合、奥さんの了解が取りつけられないことはままあります。そんなときはどのようなセリフとダンドリで説得すればいいのでしょうか?

普通に言うだけではたぶん説得できない

男はそこに「ロマン」があるから車を買い、女性はそこに「用事」があるから車を買う……なんてことを言うと今どきは怒られそうなので、言い直しましょう。

「男は、本来実用の道具である車に、実用以外の何かも求めることが多い。対して女性は一般的に、そんな男心を理解しない場合が多い」


レトロな車に限らず、2ドアのスポーツタイプの車だったり、趣味的要素が強い車は、奥さんの同意を得るのは難しそうですよね。「家族のことも考えて」って言われて、しょぼん…みたいな。

記事では、時間をかけて奥さんに「すりこみ」をして、すっごいくさ〜いセリフで落とす「口説き方」が紹介されています。

果たしてこれで落とせるかどうかはわかりませんが、これくらいの本気を見せないと、奥さんの同意を得るのはなかなか難しいのかもしれませんね。

どうしても欲しい車がある人は、ダメ元でチャレンジしてみるのもいいかもですね。
posted by たか at 13:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック