米の石油精製能力、2週間以上15%低下・当局見通し

2005年09月30日

米の石油精製能力、2週間以上15%低下・当局見通し


米の石油精製能力、2週間以上15%低下・当局見通し

【シカゴ=山下真一】米エネルギー情報局は28日、2つの大型ハリケーンの影響について「全米の精製能力が15%低下している状態が今後、少なくとも2週間以上続く可能性がある」との見通しを示した。「カトリーナ」で閉鎖した4カ所と、「リタ」で閉鎖した8カ所の製油所再開に時間がかかるためで、ガソリン価格の上昇につながると警告している。

閉鎖中の製油所の合計精製量は「日量300万バレル」だそうです…

「1バレル=約159リットル」ですので、
159リットル×300万=47700万リットルもの精製が毎日毎日されない…ということですね。

想像できないほどの量です(^^;
posted by たか at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 燃料価格ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/7488023
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。