ミシュラン FIAのタイヤレギュレーション変更に異議申し立て

2005年10月30日

ミシュラン FIAのタイヤレギュレーション変更に異議申し立て


ミシュラン FIAのタイヤレギュレーション変更に異議申し立て

ミシュランはFIAの2006年F1レギュレーションが後退であると捉え、F1の宣言しているコスト削減のためのポリシーに矛盾しているものだと感じている。

確かにコスト削減という点から言えば、来期のタイヤ交換復活は微妙なところだと思います。ただ、安全性という点から見たらタイヤ交換はアリだと思います。

今期の動向を考慮しての来期のルールでしょうから、裏があるないは分かりませんが、個人的にはタイヤ交換アリの方向でいって欲しいですね。
posted by たか at 02:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1関連ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック