気になるニュース

2006年04月21日

BMW3シリーズ…「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞

独BMW、「BMW 3 シリーズ」が「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞

ミュンヘン/ニューヨーク発:BMW 3 シリーズが“ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー”を受賞しました。このカテゴリーで最も成功したモデルである5代目は、並みいる競合26車の中で、世界的に最も権威のある自動車の賞を獲得したのです。

“ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー”は、デザイン、パフォーマンス、ハンドリング、快適性、機能性など20の評価基準に基づき、その年に最も活躍したモデルを世界各国からの46人の自動車ジャーナリストが務める審査員が評価します。


BMW3シリーズが「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞ですか!さすがBMWといったところでしょうか。

車ももちろん良いのでしょうけど、サービスが素晴らしいというBMWだからこそ、こういった車を作ることができ、こういった賞を受賞することができたんでしょうね。

今後も益々の躍進に期待しましょう!(^^
posted by たか at 00:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース
2006年04月20日

住宅地向けカーシェアリング…横浜で開始

横浜に住宅地向けカーシェアリング

CEVシェアリングは15日から、横浜市港北区大倉山地区において、分散配置型のカーシェアリングの運用を開始した。拠点5カ所にスズキ『MRワゴン』(低排出ガソリン車)を各1台ずつ、合計5台を配置した。

駐車場代が高額な場所ではとくに威力を発揮するだろうカーシェアリングですが、住宅地向けにも開始するようです。

一戸建てが多い住宅地だと駐車スペースや駐車料金の関係よりも、車の購入や維持費の関係で借りることになるんでしょうかね。

どこまで広まるのか、興味はありますね。
posted by たか at 03:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース
2006年04月19日

“メイドディーラー”で見積りをとりますか?

“メイドディーラー”で見積りをとりますか?

不確かな情報筋によると、国内販売台数が伸び悩む某メーカー/販売店が、昨今のブームに乗って“メイドディーラー”を企画しているという。セールスレディがメイドのコスプレで訪問客に応対するそうだ。

不確かな情報であるうえにまだ企画段階とのことで、実現されるかどうかわかりませんが、面白いことを考えるディーラーもあるものです。

地方ではまだまだメイドは珍しい存在だと思いますので、話題になりそうですね。

しかし、どこのディーラーだろう…。
posted by たか at 07:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース
2006年04月17日

マツダ・ロードスター…Webチューンド仕様登場

ロードスター、Webチューンド仕様登場

マツダが、ロードスターのラインアップに、Webカスタマイズモデル“ウェブチューンドロードスター”を設定し、発売した。

ウェブチューンドロードスターは、マツダが展開するインターネット専用のカスタマイズサービス“Web Tune Factory”でのみオーダーできる仕様。


こういった特別仕様車は、購入できなくなった頃…後々人気がでたりしますから、買うときのみならず売るときにもメリットがありそうですね。

人と違った仕様で差をつけたい人には、嬉しいサービスですね。
posted by たか at 00:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース

不公平な駐車違反キップに抗議するビデオ

不公平な駐車違反キップに抗議するビデオ

イギリスのドライバーが開設したウェブサイト『AppealNow.com』では、不公平な駐車違反キップに抗議するためビデオクリップ3本を公開した。

『Roll』、『Blindfold』、『Line』というタイトルの3本で、プロの俳優とスタッフを雇って撮影したもの。いずれも最後に「不公平な違反キップをもらってませんか?」というテロップで締めくくられている。


なんだか面白いビデオですね(^^;

プロの俳優やスタッフを雇ってまでこういうビデオを製作するくらいですから、日常の取り締まりにかなりの不公平感があるのでしょうね…。
posted by たか at 00:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース
2006年04月15日

違法駐車追放対策推進中 by 警視庁

警視庁では違法駐車追放対策を推進中です。

「駐車違反 しない させない 街の声」のスローガンのもと、地域交通安全活動推進委員の方々をはじめ、地域住民、関係機関、団体の方々等と協力して、違法駐車追放活動を実施するとともに、危険性、迷惑性の高い駐車違反について重点的に指導取締りを実施しています。

警視庁では、ただいま違法駐車違反追放対策を推進しているようです。

ここ数年の違法駐車台数の推移を見ると、4輪車に関しては少しずつですが減少傾向にあるようです。が…代わりに自動2輪車の違法駐車が増えつつあるようです。

4輪車の場合は違法駐車しようにも路上スペースに限りがありますし、駐車違反の取締りといったら4輪車が主ですから、取締り等を強化してきた結果でしょうね。

2輪車の場合はちょっとしたスペースがあれば止めることが可能なためか、歩道の中にも所狭しと駐車されているのを目にします。中にはあたかも正規の駐車スペースか?と思われるほど整然と並んで駐車されているような違法駐車ゾーンまであり、そこが歩道だということを忘れてしまいそうな錯覚におちいることがあります…。

今後は2輪車の違法駐車取締りにも注力されていることでしょうから、思い当たる人は今からでも正しい駐車をしていきましょう。
posted by たか at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース
2006年04月13日

運転免許学科試験…日曜日も実施します

運転免許学科試験 日曜日も実施します 神奈川県で全国初の試み

日曜日でも運転免許の学科試験が受けられます――。神奈川県警察本部は今月(4月)2日から、受験者の利便性向上を図るため、全国初の試みとなる日曜学科試験を、横浜市旭区の運転免許試験場でスタートさせた。

怠慢からなのか?詳しいことは分かりませんが、土日や祝日に窓口業務などをしない機関が多いですが、神奈川県では一歩進んで日曜日でも学科試験が受けられるようになったようです。これは、とても良いことだと思います。

このように頭一つ抜け出た施策にあやかって、他の県もがんばってもらいたいですね。
posted by たか at 00:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース

追い越しの心理学、または哲学、あるいは美学

追い越しの心理学、または哲学、あるいは美学

「人は何故、追い越しをするのだろうか?」。追い越しをするドライバーの心理にせまる研究結果が、イスラエルのベン-グリオン(Ben-Gurion)大学によって発表された。

その結果、60%を超える人が、追い越しをした理由として、「そこにクルマがあったから」、あるいは「前のクルマについていくのが嫌だったから」と答えたという。


この大学では「追い越しをするのは、時間と燃料の無駄。前のクルマについていっても、目的地に到着する時間はあまりかわらない」と結論づけているようで、僕ももっともな意見だと思います。

実際、時間的にはそれほど変わらない気がしますし、燃料を無駄にしてまでする必要があるかといえば、微妙なケースが多いと思います。

やたらと追い越しを繰り返すような運転をしている人もたまに見かけますが、必要最低限の追い越しにとどめておいたほうが良いと言うことでしょうね。
posted by たか at 00:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース
2006年04月12日

免停になった時のための自動車保険…発売

免停になった時のための自動車保険、発売

免停や免許取消になった人のための自動車保険が、イギリスで発売されている。自動車に乗れないのだから保険など必要ないと思うだろうが、さにあらず。

自動車保険会社も差別化を図るために、多種多様な保険を販売していますが、「免停になったときのための保険」なんてものもあるようです。

これはイギリスで発売されている保険ですので、僕らにはあまり関係ないですが、特約として付いていてくれたら便利かもしれませんね。

まぁその分保険料が高くなるでしょうから、なんともいえませんが…(^^;
posted by たか at 01:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース

自分の名前と同じ「色」のクルマを買う人が多い

自分の名前と同じ「色」のクルマを買う人が多い

イギリス人には、ブラウンさんやシルバーさんなど、苗字が「色」を意味する人は多い。そしてこうした姓を持つ人は、自分の色と同じ色のクルマを買う傾向にあることがわかった。

これは面白い統計ですね。

日本では色を意味する苗字は少ないと思いますので、同じような統計にはならないでしょうけどね。

日本だとナンバープレートに自分の誕生日を指定したりする人も多いようですので、それと同じような感覚でしょうかね。
posted by たか at 00:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース
2006年04月10日

価格は平均収入の10倍!中国にハーレー1号店オープン

価格は平均収入の10倍!中国にハーレー・ダビッドソン1号店がオープン

北京に米バイクを代表するハーレー・ダビッドソンの正規ディーラーがオープンした。ハーレーのショップが中国本土でオープンするのはこれが第1号店となる。

中国のハーレー代表は「ハーレーは世界中で自由の象徴。広い道路をハーレーで駆け抜ける自由。ここ中国でもそんな姿を期待したい」と話す。


「中国の都市生活者の平均年収が$2200(26万円)に対して、ハーレーの価格は一台あたり $12,000 〜 $37,450(140〜400万円)と高額になって、庶民の夢のまた夢になっている。」とのことで、富裕層のみがターゲットということになりそうです。

ですが、これまで正規ルートで購入することができなかった人にとっては、吉報に他なりません。

僕もハーレー欲しいですが、やっぱり価格的にすぐには手が出ません(^^;
posted by たか at 21:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース

500キロの「試運転」…?!

500キロの「試運転」!?

車の試運転といえば、ちょっと近所を乗り回すくらいのものだが、ニュージーランドの少年(16)はなんと約500キロを乗り回す「試運転」を行った。

何のことかと思ったら、車の購入を検討する際の「試し乗り」の話みたいですね。それにしても500キロって…しかも、週末さんざん運転したって…。

何日も帰って(却って)こなかったら「盗難」とかになりそうですが、持ち主が試運転に関して条件を決めていなかったため、この少年に罪はないそうです。
posted by たか at 01:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース

カローラ3年連続首位…上位にはミニバン&コンパクト

コンパクトカーとミニバンが上位・05年度新車販売

日本自動車販売協会連合会(自販連)は6日、2005年度の新車販売ランキング(軽自動車除く)をまとめた。トヨタ自動車の「カローラ」が3年連続の首位になった。上位10車種にはコンパクトカーやミニバンが多く、メーカー別ではトヨタが5車種、日産自動車が3車種、ホンダが2車種だった。

カローラ強し!!

3年連続のトップは圧巻です。ただ、ワゴンやセダンなどのラインナップがあるから…という意見もあるようで、上位にコンパクトカーやミニバンが多いことから今のトレンドが見て取れますね。

うちの車もミニバンタイプなので、時代の流れに付いて行っているということになりますでしょうか?(笑)
posted by たか at 01:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース
2006年04月09日

BMWやMINIやF1チケットが当たる…創立25周年アンケート

BMWJ、クルマやF1観戦チケットが当たる創立25周年アンケート

BMWは、同社の日本法人であるBMWジャパンの設立25周年を記念して、豪華特典が当たるアンケートを4月20日まで実施する。

BMWジャパンのWebサイト上に設置された特設ページで、簡単なアンケートに答えるだけで、BMW 120i(1名)、BMW 320iセダン(1名)、MINIクーパー・コンバーチブル(1名)、F1日本グランプリ・グランド指定席観戦チケット(10組20名)、BMWグループの歴史などを語るBMWブック(100名)が抽選で当たる。


アンケート懸賞の抽選などは当たらない場合がほとんどですが、やってみなけりゃわからないってのも事実です。

簡単なアンケートですので、僕もさっきやってきました(^^
ホントに当たっちゃったらどうしよう(笑)

【関連リンク】
BMWジャパン アンケートページ
posted by たか at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(1) | 気になるニュース

水不足…ホースを使った洗車が禁止に?!

水不足…ホースを使った洗車が禁止に

イギリスでは過去一年半、降水量が極端に少なく、深刻な水不足に陥っている。3日からは、イギリス南部の水道会社テムズ・ウォーター社が、ホースを使用して洗車などを行うことを禁止した。

「ホースやスプリンクラーなどの器具を使用して洗車を行ったり、芝生に水を与えたりすることが禁止された。違反した利用者には1000ポンド(20万円)の罰金が課せられる。」とのことです…。

深刻な水不足ですから、このような処置も妥当だと思います。

車はホースを使って洗えませんが、バケツに水を汲んで洗うことができるので、それは救いでしょうね。
posted by たか at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース
2006年04月08日

JAF二輪車ロードサービス…1位は「バッテリー上がり」

1位は「バッテリー上がり」JAFの二輪車ロードサービス

JAF(日本自動車連盟)は2005年4月1日から二輪車のロードサービスを始め、06年2月末までの実施件数は3万4932件になった。月別で最多は8月の4100件、出動理由の1位は「過放電バッテリー(バッテリー上がり)」。

JAFの出動理由1位はバッテリー上がりだそうで、最多の8月は二輪だけのことではなく4輪でも同理由で1位だったようです。

僕も車とバイクを所有していた時は、よくバイクのバッテリーが上がっていましたね。車をメインで乗っているとバイクはたまにしか乗らなかったので当然といえば当然です。

でも僕は「MYバッテリーチャージャー」を持っていましたので、そんな時もあわてることなく対応してました。

バッテリー上がりを減らすには、所有者の定期的な点検&たまにエンジンをかけるなどの対処が有効ですが、バッテリーその物のロングライフ化&メンテナンスフリー度を高めていただくことも必要かと思います。

今の性能に甘んじることなく、より一層優れたバッテリーを世に送り出していただきたいと思います。
posted by たか at 00:56 | Comment(0) | TrackBack(1) | 気になるニュース

交通反則切符…過去数年同業者が予定価格で落札

交通反則切符、業者が予定価格で落札…新潟など

交通違反の反則切符の作成についての指名競争入札で、新潟、福島、山形県で、それぞれ同じ印刷業者が過去数年にわたって、県の予定価格と同額で落札していることが6日、わかった。

新潟県では、新潟市内の同じ業者が5年連続で、予定価格と同額で落札していた。県出納局によると、2005年度の入札では、指名11社のうち7社が入札し、この業者が予定価格と同額の475万6500円で落札した。01〜04年度も5〜7社が入札したが、同じ業者が予定価格と同額で落札した。5年間の合計落札額は計約2607万円に上る。


県出納局は「複数の業者が入札で競争しており、不正はない」と言っているようですが…どう見ても、明らかに不正でしょう。

今まで公になっていなかっただけで、こうやって国民の血と汗と涙の結晶とも言うべき「税金」が無駄に浪費されているんです。

他にもまだまだ、まだまだまだまだ…たくさんこういった不正入札や税金の浪費はあることでしょう。

それなのに消費税の値上げだなんだと更に税金を徴収しようとするんですから、たいした国です。

まずはこうした不正や浪費を完全に無くしてから税額の改正をおこなっていただけないものか?政治不信がますます募ります。
posted by たか at 00:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース

自転車対策…歩行者事故の増加で検討懇設置

<自転車対策>歩行者事故の増加で検討懇設置 警察庁

歩道を猛スピードで走る自転車に歩行者がはねられるなどして起きる交通事故が年々増加していることを受け、警察庁は自転車運転者のマナー向上の対策などを有識者に議論してもらう「自転車対策検討懇談会」を今月12日に設置する。

また、信号無視や酒酔い運転など悪質な違反を行う自転車運転者への取り締まり強化を求める通達を近く全国の警察に出す方針で、深刻化する自転車の事故対策に乗り出す。


これはとっても深刻な問題だと思いますよ。

自転車は「車でありながら免許がいらない乗り物」。しかしながら死亡にいたるような大きな事故が発生しているのも事実。早々の対応が必要だと思います。

子供からお年寄りまで皆が利用している自転車ですから、もっと安全に利用できるような環境や教育などを整備して欲しいですね。
posted by たか at 00:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース
2006年04月06日

春の全国交通安全運動

春の全国交通安全運動

本日4月6日(木)〜15日(土)まで、春の全国交通安全運動が開催されます。

春だ!花見だ!って浮かれ気分で、車の運転まで浮き足立ってしまってはいけません。

運転中は気を引き締めて、安全運転に努めましょう!
posted by たか at 01:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース

ドイツ交通統計100周年のデータ…自動車は現在のほうが安全?

ドイツ交通統計100周年のデータ 自動車は現在のほうが安全?

100年前のドイツのドライバーは、2005年と比較すると56倍の死亡事故に遭っている。

ドイツ統計局は火曜日、交通統計の開始から100周年を記念して、このデータを発表した。


今の車は安全性なども考えられて作られていますし、何より道路や法整備などもしっかりしていますから、100年前と比べると割合が低くなるんでしょうね。
posted by たか at 01:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース