気になるニュース

2006年03月16日

高速道路を40kmもバック走行…さらに90km先の自宅まで…

高速道路をうしろ向きに走って家に帰ろうとした男

オーストラリア警察は、国内で最も混雑する高速道路のひとつを40キロ以上うしろ向きに走っていた運転手に「必要以上に逆行」の容疑をかけた。

警察発表によれば、この男性は、シドニーとメルボルンを繋ぐヒューム・ハイウェイ上、メルボルンの200キロ北東にあたるベナラで停止させられた。
男性は、唯一動いたのがリバースギアで、さらに90キロ先にある小さな街ニューマーカの家に帰るところだと警察に語ったそうだ。


バックで高速道路を40km以上も走った上に、さらに「90km先」の自宅がある街まで帰ろうとしていたんですから…どうかしています。

なぜにバックで??本当におかしな人もいるもんですね(^^;

間違えて高速道路を逆方面に進んでしまって、途中で気づいてバック走行したんでしょうか…一旦降りて乗りなおすという考えはなかったのか?

公判が気になりますね。
posted by たか at 01:03 | Comment(0) | TrackBack(2) | 気になるニュース
2006年03月15日

速度取締装置の信頼性に言及…有罪判決破棄

速度取締装置の信頼性に言及、有罪判決破棄 仙台高裁

法定速度を32キロ超えて乗用車を運転したとして道路交通法違反罪に問われ、一審で罰金6万円の有罪判決を受けた秋田県男鹿市の自営業男性(40)の控訴審判決が14日、仙台高裁秋田支部であった。畑中英明裁判長は、速度超過を撮影した速度自動取締装置には測定の誤差が生じ得るとして一審判決を破棄、手続きの不備を理由に起訴を無効とした。被告側弁護士は「画期的な判決」としている。

確かに計測器にも多少の誤差はあるのでしょうけど、それは誰がそこを通っても同じ誤差の範囲ですからね…。

それにしても、検察側は装置は実速度よりも低い数値になる「マイナス誤差」しか生じないと主張しているとのことで、なんとも苦しい言い訳。誤差なんてものは、だいたい「±何%」というものでしょうからね。
posted by たか at 02:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース
2006年03月13日

他人の車に激突したタラ・リード…現金を渡して「忘れてちょうだい」

他人の車に激突したタラ・リード 現金を渡して「忘れてちょうだい」

セクシー女優でパーティ大好きセレブとして名を馳せたものの、あまりにも低落した姿に人気もガタ落ちのタラ・リード。昨年は、世界をパーティしてまわる(だけの)ドキュメンタリーテレビ番組が話題になったが、イメージダウンの逆効果で視聴率が悪く番組は打ち切りになってしまった。

金で解決…しそこなったようですね(^^;

僕みたいな貧乏人にはとうてい考えもつかない方法ですが、お金持ちならアタリマエ?

それにしても、飲酒運転はいけませんね。
posted by たか at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース
2006年03月11日

ソニーの「カーフィッティング」サイト…5月31日で終了

ソニーの「カーフィッティング」サイトが5月31日で終了

ソニーマーケティングは、ウェブページ『モービル・エレクトロニクス・インフォメーション「カーフィッティング」』を2006年5月31日をもって終了すると発表した。ソニーが3月31日をもって車載器の生産販売を完了することが要因となっている。

さっきの記事の続きのようになりますが…

ソニーのWebサイトから「カーフィッティング」が消えてしまうそうです…。車載器部門を一旦終了することになったので、それに伴っての終了とのことです。

これはちょっと、いや結構、困る人が出てくるのではないでしょうか?個人でカーナビやオーディオを取り付けている人で、このサイトを活用(あてに)している人は多いですからね。僕もたまに使ってましたし(^^;

なくなるのは困りますねぇ…。
posted by たか at 00:09 | Comment(20) | TrackBack(1) | 気になるニュース
2006年03月10日

指定地域内を走れなくなる?…年内に結果公表

指定地域内を走れなくなる!? ---環境省審議会が年内に結果公表

中央環境審議会(環境相の諮問機関)自動車排出ガス総合対策小委員会が8日開かれ、年内をメドに最終とりまとめを行う方針を確認した。

同委員会は自動車NOx・PM法の見直しを議論しており、なかでも東京都などのように対策地域内の運行禁止など、新たな『流入規制策』を行うかどうかに注目が集まっている。


環境対策としての規制は必要だと思いますが、規制によって運輸業界はますます厳しい状況になってしまいそうですね。

「規制にかかる車両を今現在所有している者だけが辛い…」という規制にせずに、それを販売した側、そして規制を設ける側(まぁ国です。)の3者で痛み分けできるようにする必要があるのでは?
posted by たか at 00:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース
2006年03月09日

「車椅子マーク」の駐車場に健常者…苦情急増

<車椅子マーク>駐車場に健常者 苦情急増

健常者が車に「車椅子マーク」を付けて障害者用駐車場に止めている、との苦情が増え、マークの権利を持つ日本障害者リハビリテーション協会(東京)が、製造業者に注意書きを要請。商品に添付されるようになった。しかし苦情は一向に減らず、同協会は「本当に困っている人たちのために、どうか悪用しないで」と訴えている。

う〜ん、深く考えると難しい問題ですが、基本的には利用者のモラルの問題。このひとことにつきますかね…。

車椅子マークがその辺で誰でも安易に購入できるという状況も良くない気がします。行政、市役所などの、しかるべき場所でのみ販売するべきでしょう。

障害者手帳を提示するなどの規制は必要だと思いますね。高齢者などで手帳を持っていない人の場合は、医師による診断結果を持参するなどして入手することができるようにするのがいいのではないでしょうか。
posted by たか at 00:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース
2006年03月06日

クーペの助手席に乗せたい女性No.1…上原多香子

【写真蔵】上原多香子…クーペの助手席に乗せたい女性No.1

ISETAN MEN'Sと雑誌『LEON』が選ぶ“クーペの助手席に乗せたい女性No.1”に選ばれた上原多香子さん、日産『スカイラインクーペコラボレーションスタディ』を見た感想は「艶とか、なめらかなラインがすごい素敵でセクシーなイメージですね」とコメント。

いやぁ〜良いですね、上原多香子ちゃん!スピード時代から綺麗な子でしたが、助成らしさにますます磨きがかかって、とってもセクシー(^^

ダンロップのイメージカールをつとめているので、こういったところに選ばれるのも自然かな。ま、かわいいのでOK!
posted by たか at 03:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース
2006年03月04日

首都高を利用して春のドライブへ行こう!

今月のスイスイ首都高…春の快適ドライブ

今月のスイスイ首都高では、行楽地へのドライブ情報として「春のお花見スポット」を紹介しています。

首都高速で行くお花見…飲酒運転をしないためにも、ちょっと遠くの桜を見に行くのも良いですよね。出先でお酒を飲んでしまったら、ぐっすり眠ってアルコールを抜いてから帰ってきましょう(^^

【関連リンク】
今月のスイスイ首都高
posted by たか at 00:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース
2006年03月03日

よっちゃんイカのロールス・ロイスは実在した!

よっちゃんイカのロールス・ロイスは実在した!

駄菓子屋さんなどで人気のイカのおやつ「カットよっちゃん」。このパッケージに使われているキャラクター「よっちゃん」(写真上)をあしらったロールス・ロイスがある、という噂を耳にした。超高級車の代名詞として100年以上世界に君臨し続けるイギリスのブランドとイカの融合……!? その真偽を確かめるべく、Bit取材班はさっそく極秘調査に乗り出した。

よっちゃんイカのロールスですかぁ!すごいですね(^^

僕は生で見たことはないですが、30年ものあいだ健在なんですから見た人もたくさんいることでしょうね。

ロールスからの苦情?もたしかに気持ちは分かりますが、こうして30年以上あり続けているということは、理解してくれたんでしょうね。
posted by たか at 02:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース
2006年03月01日

北米初のフェラーリ公式運転教習スクールが開設へ

北米初のフェラーリ公式運転教習スクールが開設へ

カナダにイタリア本国以外では初めてになるフェラリーリの運転用スクールが開設されることになった。モントリオールから150キロ北にあるレーストラックに開設される予定の公式スクールでは、フェラーリのF430が12台用意される。

気になる講習費は2.5日で8200米ドル(100万円)と、さすがにフェラーリらしいお値段。この中には、スクールになるレース場への交通費はもちろん含まれていない。


フェラーリ公式の運転教習スクールって、どんな教習なんでしょうね?

元F1ドライバーも講師として参加するようですし、レース場での教習ですから、値段以上の内容が期待できそうな予感です。

とはいっても僕にはとうてい無理な金額ですし、フェラーリオーナーではないので参加できません(^^;
posted by たか at 01:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース
2006年02月28日

年度末路上工事を抑制…東京都道路工事調整協議会

年度末路上工事を抑制---東京都道路工事調整協議会

東京都道路工事調整協議会は東京23区の一般国道及び都道(首都高速道路含む)において、3月1日から31日までの1カ月間、道路陥没、水・ガス漏れなどの緊急工事や国民生活不可欠なライフラインなどの基盤整備工事を除いた路上工事を抑制すると発表した。

この時期(年度末)になると、本当にどこもかしこも工事、工事、工事…といった感じで、ほんっと頭にきますよね。毎年毎年同じところを掘り起こして、無駄に予算を消費させてるんですからかないません。

東京都では、3月からの1ヶ月間は路上工事を抑制するとのことで、無駄な工事渋滞も減りそうですね。この動きを機に他の道府県でも、無駄な工事をやめていただきたいものです。

つぎに名乗りを上げるのは、どこかなぁ(^^
posted by たか at 02:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース
2006年02月27日

クリーンエネルギー車推進…購入者に6万円を補助

鈴鹿市 クリーンエネルギー車推進 購入者に6万円を補助

鈴鹿市は新年度、自動車の「鈴鹿ナンバー」導入に合わせて、ハイブリッド車や電気、天然ガス、メタノール車などクリーンエネルギー車の購入者に、1台につき6万円を補助する。県内では初で、市は新年度予算に324万円を盛り込んだ。

一見、良さそうに見える鈴鹿市のクリーンエネルギー車推進ですが、本当のところはどうなんでしょう?

というのも、鈴鹿市には全国的にも有名なサーキットがありますが、そこから排出される非クリーンな成分について、何もふれていない。クリーンエネルギー車を推進するくらいですから、サーキットについても何らかの規制をかけるのでしょうか?

サーキットで非クリーンな部分を、一般市民にクリーンエネルギー車を推進することによって、相殺しようという思惑なのか…気になるところです。

まぁ、鈴鹿市に住んでいる人にとっては、嬉しい補助金ですね(^^;
posted by たか at 02:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース

BMWジャパン…認定中古二輪車の保証を充実

BMWジャパン、認定中古二輪車の保証を充実

BMWジャパンは、二輪車の認定中古車制度「BMW Motorrad 認定中古車制度」を見直し、保証制度を充実して3月1日から導入すると発表した。

新制度では、認定中古車となる車両の該当条件を正規輸入車両、初年度登録8年以内で走行距離8万km未満、修復歴なしと明確に設定した。


BMWは車だけでなく、バイクにおいても優良なサービスを展開していますね。中古車にも保障をつけるんですから、大したものです!

ユーザーにとって「ありがたいサービス」を提案し提供していくことは、生半可な気持ちではできません。この辺にBMWの姿勢を感じられますね。
posted by たか at 01:11 | Comment(0) | TrackBack(1) | 気になるニュース
2006年02月23日

英国人ドライバーの半数は、マイカーに話しかけている!?

英国人ドライバーの半数が自家用車に話しかける

英国のドライバーのほぼ半数が、日常的に車に話しかけている。彼らは長距離ドライブに先だって車を励ましたり、旅の終わりにねぎらいの言葉をかけたりするそうだ。

英国国際モーターショーの運営局が、マイカー所有者2000人を対象に調査を行った。月曜日に発表された調査結果によれば、40%の人が自分の車は人格を持ち、ときに怒ることがあると考えている。19%の人が、車の機嫌を気遣っているそうだ。


車に話しかける人がそんなにいるなんて、とってもびっくりです!が、それ以上になんだかとっても、心あたたまる調査結果ですね。

話しかけるだけではなく、車には人格があると思っている人が多いことにも興味津々です。

愛称をつけてもらっている車たちは、良いオーナーに巡り会えたと喜んでいることでしょう(^^
posted by たか at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース

「すいません、100円多くしてください」リサイクル関係料金値上げ

「すいません、100円多くしてください」リサイクル関係の料金

自動車リサイクル促進センターは、廃車リサイクルの際に自動車ユーザーから徴収する「情報管理料金」を130円から230円に値上げする。

問い合わせが多いなどで予想よりも運営費が増えているから…という理由で値上げだそうです。

そんなもん、最初からふまえておくべきものでしょう。「100円くらい、いいか…」なんて思っているんじゃないですか?

値上げにふみ切る前に、どんな努力をしたというのでしょう…そんなことすら伝わってこない。こまった世の中です。
posted by たか at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(1) | 気になるニュース

放置車撤去は所有者の責任…清流台無しに

放置車、清流台無しに 美濃・洲原の長良川

美濃市洲原地区の長良川で、二〇〇四年十月の台風23号による豪雨のため流れ着いた軽乗用車など四台が、一年四カ月たった今も放置されたままになっている。

地元住民は「景観が悪くなる」と、県美濃建設事務所に撤去を求めてきたが、県側は「車の所有者の責任。県が撤去するとしても、多額の費用がかかり難しい」として保留してきた。全国に知られた清流・長良川だけに、地元自治会長は「川全体のことを考えれば、誰かがやらねばならない」と、一日も早い撤去を望んでいる。


清流ですよ!わかってるんでしょうか?

確かに撤去は所有者の責任ですし、県が行うには費用がかかってしまうのでやりたくは無いでしょうけど、この放置車両が何年も川に浸かっていることで、清流に及ぼす悪影響は見た目だけの問題ではないでしょう。

この先さらに何年も何十年も、そのままにしておく気でしょうか?汚れた清流は、清流とは呼べません。取り返しがつかなくなる前に行動を。
posted by たか at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース
2006年02月22日

交通安全スローガン募集 by 警視庁

交通安全スローガン募集

交通安全スローガンは、ラジオや交通安全広報車などで放送されたり、看板や横断幕、ポスターやチラシなどで活用され、多くの人々に交通安全を訴え、交通事故防止対策において大きな役割を果たしています。

ということで、警視庁では「交通安全スローガン」を募集しているようです。

≫募集期間 …平成18年3月1日(水)〜平成18年4月30日(日)まで(当日届出、消印有効)
≫応募資格…東京都内居住者、又は都内に在勤・在学する方とします。
≫応募方法… 応募用紙に記入し、最寄りの都内各警察署、交番・駐在所、各運転免許試験場にお届けください。(やむを得ない場合は郵送でも可能です。)
 ※スローガンには句読点をつけないでください。
※作品は自作、未発表のものに限ります。
※応募用紙は都内各警察署、交番・駐在所、各運転免許試験場で配布しているほか、ホームページでダウンロードすることもできます。

最優秀賞には3万円相当の記念品、佳作には1万円相当の記念品などの賞もあるそうです。

だからというわけではありませんが、オリジナルの交通安全スローガンを作って応募してみてはいかがでしょうか?スローガンを考えることによって、交通安全への意識が高まりますので、それだけで自分のためになりますから(^^
posted by たか at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース