事件事故ニュース

2006年03月15日

援助交際目的で接近した男性…少女にクルマ奪われる

援助交際目的で接近した男性、少女にクルマ奪われる

福岡県警は7日、援助交際を目的に接近してきた男性の所有するクルマを盗んでいたとして19歳の少年と16歳の少女を6日までに窃盗容疑で逮捕していたことを明らかにした。2人は容疑を大筋で認めているという。

う〜ん、こまったものですねぇ…援助交際目的で少女に近よってはいけませんよ!って、そっちかい!(^^;

援助交際はこれまでに社会現象とまでなり、さまざまなトラブルがありましたよね。でも、いまだに無くならない…。

この少女と少年の肩を持つわけではありませんが、云わば「世直し隊?」のようなものかも。ふしだらな気持ちで少女に近づき金で買おうとする輩に、制裁を加えていたのですから。。。本来、警察がやらなきゃならないことなのでは?

でも、盗みはいけません。それに、これじゃ美人局。りっぱな犯罪です。きちんと償いましょう。
posted by たか at 02:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース

ひき逃げタクシー…乗客に諭され現場に戻り逮捕

ひき逃げタクシー、乗客に諭され現場に戻る

8日未明、大阪府大東市内の国道170号で、客を乗せていたタクシーが路上に倒れていた男性をはねる事故が起きた。タクシーは現場から逃走したが、客に諭されて現場にUターン。運転していた男は道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕されている。

こんなタクシーには乗りたくないですね…。

それにしても車を運転することを仕事にしているドライバーが、あってはならない事件や事故を起こしたというニュースをよく目にしますが、いったいどうなっているんでしょう?

それでお金を稼いでいるんですから、いわばプロなわけです。プロとしての自覚がないのか?!いい加減、呆れ返ってしまう。

運送業界もそろそろ重い腰を上げて、このぬるま湯のような現状を改革しなくてはいけないのでは?
posted by たか at 02:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース
2006年03月14日

運転が上手いと評判の女教官…公道バトル参加で逮捕

運転が上手いと評判の女教官、公道バトル参加

静岡県警は7日、公道で「タイムトライアル」と称した暴走行為を繰り返したとして、27歳の女と28歳の男を道路交通法違反(共同危険行為)容疑で逮捕した。女は神奈川県小田原市内の自動車教習所に勤務し、実技教官を務めていた。

おいおい!って感じです。あきれてものも言えません…。

こんなトボケタ教官は彼女だけではないのでしょうけど…他にいないことを祈りたいですね。しかし、こんな人に教わっていたかと思うと、教習生もがっかりでしょうね。

教習所側も仕事が仕事だけに、車に関することに限っては私生活だろうとも、もっと厳重に管理しなければならないのでは?
posted by たか at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース
2006年03月12日

パトカー18台振り切る!爆走女のカーチェイス

パトカー18台振り切る!爆走女カーチェイス50キロ

女ドライバー大暴走!! 9日昼過ぎ、大分市内から大分空港までの約50キロ区間をBMWで暴走した31歳の女が、道交法違反の現行犯で大分県警に逮捕された。最高時速170キロの猛スピードで、信号無視あり逆走あり検問突破あり。18台のパトカー追跡を振り切るとは、ハリウッド映画のカーチェイスシーンを思わせる大胆爆走ぶり。だが動機が「?」なのだ。

「空港に用があり急いでいた」と供述している釘宮容疑者。車は本人所有で免許もあり、飲酒や薬物使用の形跡はなかった。勤務先ではこの日午後から休みを取っていたという。「本当に用があったのか、確認できていない。なぜこんな暴走をしたのか…」と同署関係者は首をひねっていた。


やらかしましたね…カーチェイスですって。暴走女、とにかくすごいです。

仮に空港に用があり急いでいたとしても、これだけの爆走カーチェイスをしておいて、平然と車を降りて用を済ませられると思うか?そう思っていたなら、そもそもおかしい。

詳細は不明ですが、とにかくおかしな暴走女のカーチェイスです。
posted by たか at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース

車内の喫煙注意され殴る…警視庁巡査部長を逮捕

車内の喫煙注意され殴る 警視庁巡査部長を逮捕

茨城県警牛久署は10日、電車内での喫煙を注意した乗客の顔を殴ってけがを負わせたとして、傷害の疑いで警視庁千住署生活安全課主任の巡査部長桑原英男容疑者(50)=同県阿見町=を逮捕した。

千住署によると、桑原容疑者はこの日は日勤で、仕事を終えた後、東京都内で同僚と酒を飲んで帰宅途中だったという。調べに対し「申し訳ないことをしてしまった」と話しているという。


申し訳ないことをしてしまった?はぁ??って感じです。警察官たるもの、どんなに酒を飲んで酔っていようとも、してはならない行為です。

だいたいが禁煙の電車内でタバコを吸うなんてことがおかしい行為であって、注意されて頭にきて、さらには暴力を振るうなんて…最低です。

「酒を飲んでも飲まれるな」って言葉がありますが、自制できないようなら酒を飲むな!と言いたい。警察官としても自覚がまったくないのでしょう。

政治家も教育者も警察官も、皆の模範となるような行動をしなければならない職業です。個々人が自分でどうにかできないのであれば、これらの職についている人は職業上、飲酒を禁止にすればいい。それくらい厳しくできなくって、努力していると言えるのか?
posted by たか at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース

教諭が飲酒ひき逃げ事故…バイクの17歳死亡

バイクの17歳死亡、教諭をひき逃げ容疑で逮捕…鹿児島

鹿児島県警鹿屋署は9日、同県南大隅町の県立南大隅高教諭大和(やまと)美貴容疑者(31)(鹿児島県鹿屋市郷之原町)を道交法違反(ひき逃げ)と業務上過失致死容疑で逮捕した。

大和容疑者は「8日夜に同僚教師と鹿屋市内で酒を飲み、代行運転を利用して帰宅した後、空腹だったため、食べ物を買おうと車で外出して事故を起こした。飲酒運転がばれるのが怖かった」と供述しているという。


教育者として恥ずかしい行為であるうえに、車を運転するものとしても、人としても最低の行為です。

飲酒運転がばれることよりも、車で人をはねてしまったことを心配することもできないのか?亡くなった被害者の命をなんだと思っているのか?

教育者がこれでは、今の日本の教育はマニュアルだけの詭弁であるといえる。本当の教育とは何か?いいかげん…考え改める時がきているのでは?
posted by たか at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース

運転中に両手を離してメイクの女…罰金・罰点

運転中、両手を離してメイクの女に罰金

ノースウェールズの警察官たちは、交通事故多発地点に設置されたカメラ映像を見て眼を疑った。女性ドライバーが、両手をハンドルから離してメイクをしながら運転していたのだ。

8日、マードックは、プーフェリー下級判事裁判所で、不注意運転の罪を認め、罰金200ポンド(約4万1000円)と費用55ポンド(約1万1300円)が科せられ、免許に罰点6ポイントを加えられた。


飲酒運転をする奴、スピード違反をする奴、両手を離してメイクする奴…他にもいろいろありますが、ルール・法律を守れない奴が免許を取得して平然と車を運転していることに問題はないのか?

実地教習や学科試験もあるが、古くからの形式的なものにすぎず、お金を払えば取得できてしまう状態に近いと思う。

不適格者に免許を渡すことに罪はないのか?その部分を容認している国に罪はないのか?

事故を起こしてからでは遅いですからね、先手先手にまわって対処しておきたい問題です。
posted by たか at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース

40年間の無免許運転…事故隠ぺい身代わり依頼で逮捕

40年間の無免許を隠ぺいするため、元妻に身代わり依頼

神奈川県警は6日、交通事故を起こした際に離婚した元の妻に連絡を取り、身代わりを依頼したとして65歳の男を道路交通法違反(無免許運転)や犯人隠避教唆で逮捕した。これに応じた69歳の女についても犯人隠避容疑で書類送検する方針だ。

男は一度も運転免許を取得した経験がないが、これまでに約40年間を運転を続けており、それまでは無事故無違反だった。


これまでの40年間は無事故無違反というよりも、たまたま警察沙汰にならなかっただけでしょう。

事故を起こしても今回のように誰かに身代わりになってもらっていたかもしれませんし、違反をしても警察の目にとまらなかったり、逃げ切っていたかもしれません。

いずれにしても、40年間も無免許運転を続けてきたような輩です、何もないほうが不自然。というか…無免許運転は、りっぱな違反行為です。今まで無免許が発覚しなかったことが、事故です。
posted by たか at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース
2006年03月11日

霊柩車の運転手…泥酔状態で警官の手に噛みつく

霊柩車の運転手、警官の手に噛みつく

ドイツ西部の街クレフェルトで、酔っぱらった霊柩車の運転手がアルコール検査を要求した警官に噛みつき、逮捕された。

霊柩車は、家から墓地へ死体を運ぶために警察によって呼ばれていた。


霊柩車の運転手が泥酔状態で警察官に噛み付いたんだそうです…。泥酔状態で運転なんて、危険極まりない。亡くなった人を運ぶはずが、自分が亡くなってしまうかもしれません。

警察に捕まったことで、命がつながった…と思うべきですね。
posted by たか at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース
2006年03月09日

灯油混入ガソリンを廃棄せずに販売…故意の疑いも

灯油混入ガソリンを販売…故意の疑いも

山形県尾花沢市内にあるガソリンスタンドで、灯油を混入させたガソリンが誤って販売され、約570台に給油されていたことが明らかになった。山形県警では消防法違反容疑で関係者から事情を聞いている。

消防署から、この灯油とガソリンの混合油を廃棄するように指導されていたにも関わらず、3店舗に配分され570台もの車に給油されていたというから、驚きです。まったくひどいことをするもんです。

僕なら、車が壊れなかったとしても「その影響で今後、故障につながる可能性もある」ということで損害賠償請求しますね。新車なんかに乗っていた日には買いなおしていただきたいですよね。ガソリンが通る部品を全部交換して欲しいくらいです。

割合からいって壊れないだろうとは思いますが、気分的に嫌ですよね。
posted by たか at 00:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース
2006年03月08日

登校途中の男子中学生…男に灯油かけられる

登校途中の男子中学生男に灯油かけられる(宮城)

6日午前7時30分ごろ、仙台市宮城野区原町で、1人で登校中の中学2年の男子生徒(14)に、男が「道を教えてほしい」と声をかけ、近くの駐車場に誘い込み、突然上着に灯油をかけた。男はライターを取り出して見せたが、火はつけずに走り去った。生徒にけがはなかった。仙台東署は、暴行事件として捜査している。

男は40歳くらいで、身長約1メートル70のやせ形。ショルダーバッグに灯油の入ったペットボトルを持っており、緑色の帽子に茶色のコート姿だったという。


以前に起こった登下校中の生徒を狙った犯行事件のニュースが、だいぶ皆の記憶から薄れてきたと思ったら…今度は灯油をかけてライターをちらつかせる男が現れる始末。

いったい日本はどうなってるんだ?!
これでいいのか?小泉内閣…。
posted by たか at 02:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース

ガスが切れたら次のクルマを盗めばいい…

ガスが切れたら次のクルマを盗めばいい…少年5人を逮捕

福岡県警は1日、北九州市内で自動車盗難を繰り返していた15歳と16歳の少年5人を窃盗容疑で逮捕するとともに、14歳の少年1人を同容疑で補導した。少年らはガソリンが無くなるまでクルマを乗り回し、無くなったところで次のクルマを盗んでいたとみられる。

まったく困った奴らです。これくらいの思春期だと多少の悪さもすることもあるでしょうけど、これはヒドイ。

車を盗まれて乗り捨てられた人の気持ちなんて、まったくわからないんでしょうね。将来彼らがマイカーを持つようになったら、きっと悪い奴らに盗まれて悔しい思いをすることでしょう。
posted by たか at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース

都道府県別のクルマの盗難件数…人口比第1位も愛知県

都道府県別のクルマの盗難件数、人口比第一位も愛知県

日本損害保険協会によると、2005年に最も盗難発生件数が多かった都道府県は愛知県だった。同協会が発表した都道府県別の盗難件数をもとに人口100万人あたりの盗難認知件数を算出したところ、こちらも愛知県がワーストになった。

愛知県…荒れてますねぇ。車の盗難件数も人口100万人あたりの盗難件数も、愛知県がワースト1位です。

これは早急にどうにかしなければならないのでは?ねぇ、愛知県。
posted by たか at 01:55 | Comment(0) | TrackBack(1) | 事件事故ニュース
2006年03月07日

交通事故死者1000人超える…が、ペースは遅い

交通事故死者1000人超える 70年以降で最も遅いペース

警察庁は6日、今年の交通事故死者が3日で1000人を超え、1011人となったと発表した。年間の交通事故死者が49年ぶりに7000人を下回った昨年より4日遅く、日付別統計が残っている1970年以降、最も遅いペース。

「交通事故死者が1000人を超える」なんて聞くと悪いイメージがしますが、今年はそのペースが遅いんだそうです。

死亡事故があることはいいことではありませんので安心はできませんが、徐々に減少の傾向にあるようですので多少は良くなってきているんでしょうね。

みんなで交通ルールを守り、安全運転を心がけて、交通事故をなくしましょう!!
posted by たか at 00:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース

無免許の発覚恐れ30kmのカーチェイス

無免許の発覚恐れ、30kmのカーチェイス

2月28日午後、整備不良の軽自動車が追跡するパトカー10台とカーチェイスを繰り返しながら、約30kmに渡って逃走する事件が起きた。警察ではクルマを運転していたブラジル国籍を持つ18歳の少年を道路交通法違反の現行犯で逮捕している。

日本ではちょっとめずらしいカーチェイス…約30kmも逃げ回ったそうです。

が、それよりもビックリなのが、パトカーを10台も動員し、且つヘリによる誘導によってやっとこ捕まえることが出来たという事実。

捕まったから良かったものの、捕まらなかったら大変なことです…。
posted by たか at 00:50 | Comment(0) | TrackBack(1) | 事件事故ニュース

職務質問の車逃走…警官が腕挟まれ骨折

職務質問の車逃走、警官が腕挟まれ骨折…東京・六本木

5日午前9時20分ごろ、東京都港区六本木7の都道「六本木トンネル」内で、パトカーで巡回中の警視庁第1自動車警ら隊の巡査長(31)が白いワゴン車の男に職務質問したところ、男は「急いでいる」と言って車を発進させ、そのまま逃走した。

また警察官が負傷しました。ホント最近こういう事件が後を絶えません。

こういうふとどきな輩がまた別の悪事をしでかす前に、早々に逮捕してほしいものです。
posted by たか at 00:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース
2006年03月06日

保安官の車を奪って逃走…25歳女性

25歳女性、保安官の車を奪って逃走

木曜日、25歳の女性が保安官のSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)車を奪って逃走し、2時間に渡る警察との追跡劇がテレビで報道された。

地元テレビの報道では、この追跡においてけが人は出なかったとのころ。


男性による犯罪はよく聞きますが、女性がこういう事件を起こすのは珍しい気がします。

何でこんなことをしたのか?犯人の女性も泣き叫びながら逃走していたようです…。
posted by たか at 03:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース
2006年03月05日

80歳の祖母を乗せた車ごと盗まれる

80歳祖母乗せた車ごと盗まれる

2日午前10時25分ごろ、大阪市住之江区南加賀屋2丁目の路上で、近くに住む男性(30)が祖母(80)を乗せた乗用車がなくなっているのに気付き110番。祖母は約2時間後、約40キロ離れた神戸市灘区内で無事発見され、保護された。けがはなかった。

わずか1300円の金額で開放されたおばあちゃんは、ある意味強運の持ち主かもしれませんね。犯人も元々車だけを盗もうと思ったんでしょうけど…おばあちゃんが乗っててビックリしたんじゃないでしょうか。

小さな子供を車に乗せたまま車から離れてはいけない。ということを認識している人はある程度いると思いますが、お年寄りの場合も注意しなければいけませんね。

それはそうと…車もはやく見つかるといいですね。
posted by たか at 04:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース
2006年03月04日

交通取り締まり中の警察官…ひき逃げされて重傷

交通取り締まり中の警察官、ひき逃げされて重傷

2月26日夜、兵庫県加古川市内の市道で、速度違反の取り締まりを行っていた警察官が後ろから走ってきたクルマにはねられる事件が起きた。はねられた警察官は重傷。クルマはそのまま逃走したが、翌日までに49歳の男が逮捕されている。

職務中の警察官が事故に遭う事件って、けっこう多いですね。今年に入ってからも警察官が関係している事故の記事を何件か書きましたからね。

取り締まりも大切ですが、命を落としてまですることとは思いません。十分に気をつけて職務をこなしてほしいです。
posted by たか at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(1) | 事件事故ニュース

教習車が踏切内でエンスト…電車と衝突

教習車が踏切内でエンスト、電車と衝突

2月26日午後、埼玉県加須市内の東武鉄道・伊勢崎線の踏切で、路上教習中の教習車が閉じ込められ、通過してきた列車と衝突して大破する事故が起きた。運転していた18歳の男性と、教官の2人は衝突寸前に車外へ脱出。ケガは無かった。

これは危険な事故でしたね。電車と衝突する前に逃げられてよかったですよね。一瞬の判断ミスで死んでいたかもしれませんからね。

車は大破、電車は止まるわで大変な惨事だったでしょうけど、命にはかえられませんよね。
posted by たか at 00:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース