事件事故ニュース

2006年02月13日

銀行の正面玄関に車で突入…強盗、金を奪って逃走

銀行強盗、真正面から車で突入 金を奪って逃走

木曜日、銀行強盗が車で銀行の正面玄関から突っ込み、居合わせた客や従業員が唖然としている間に金を奪って逃走するという事件が発生した。

警察当局がロイターに語ったところによると、現場はアテネに近いピレエフスにある銀行の支店で、犯行に使用されたのは盗難車(フィアット)だったという。「突入した後、2人組の男から出てきて銃を突きつけ、お金を奪っていったのです」と当局は話している。


前にも日本で同様の事件が何件かありましたよね。僕も記事にした記憶があります。

車で突っ込むというのは大胆な犯行ですが、成功率が高いのか?今のところ犯人は捕まっていないようです。

それにしてもケガ人が出なくて良かったですね。
posted by たか at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース

パトカーに体当たり…同様の事件が続発

トラックでパトカーに体当たり、警官を殴打

神奈川県警は5日、元の勤務先から普通トラックを盗み出していたとして、33歳の男を窃盗容疑で逮捕した。男はパトカーからの追跡を受けた際、故意に体当たりを仕掛けたり、身柄を拘束しようとした警官を殴るなどの大暴れもしていた。

進路を塞ぐパトカーに体当たり、職務質問の警官危機一髪

神奈川県警は5日、元の勤務先から普通トラックを盗み出していたとして、33歳の男を窃盗容疑で逮捕した。男はパトカーからの追跡を受けた際、故意に体当たりを仕掛けたり、身柄を拘束しようとした警官を殴るなどの大暴れもしていた。

逃げる容疑者は何でもありですか?

パトカーに体当たりするだけでなく、警察官に暴行までする始末。日本はこの先どうなってしまうのか、ちょっと心配な今日この頃…。
posted by たか at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース
2006年02月11日

逮捕したドロボウに警察車輌を盗まれちゃった!?

逮捕したドロボウに警察車輌を盗まれちゃった!

ドイツで、ドロボウで御用となり警察署に連行された男が、警察車両を盗んで逃げ出した。警官たちはあまりのことに、口もきけないほど驚いたそうだ。当局が8日、明らかにした。

ドイツ中部のエシュウェーゲ警察の広報は「まったくありえないことです。恥ずかしいとしか言いようがありません」とコメント。


そうですね、恥ずかしいとしか言いようがありませんよね(^^;

その後この泥棒は再逮捕されたようですが、カーチェイスの末、車3台が破損したとか…。

ドイツではまだまだカーチェイスはなくならないかな?(^^;
posted by たか at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース

飲酒の発覚を恐れひき逃げ、スピード逮捕

飲酒の発覚を恐れひき逃げ、スピード逮捕

6日未明、長崎県雲仙市内の国道57号で、道路を横断していた男性がクルマにはねられて死亡する事故が起きた。男性をはねたクルマは逃走したが、約15分後に発見され、運転していた60歳の男が逮捕されている。

飲酒運転によるひき逃げ事件…こういった事件も後を絶たず、よくもまあこんなにも頻発するものです。

若者から年配者まで、飲酒運転の危険性を知らないわけではないだろうが、甘く見すぎているようだ。

こんなことが続くようでは、いつかは嗜好品の「酒」を飲むこと自体に規制がかかるようになるのでは?「タバコもダメ、酒もダメ。」なんてことになったら、発狂してしまう人も出てくる気がする…。

とにもかくにも飲酒運転は絶対にやめましょう。
posted by たか at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース

飲酒男が高速道路を逆走…3台が巻き込まれる

飲酒男が高速道路を逆走、3台巻き込まれる

5日朝、福岡県広川町から久留米市に掛けての九州自動車道下り線で、走行中のクルマ3台が逆走してきた乗用車と衝突する事故が起きた。乗用車は約2km離れたサービスエリアから逆走を開始しており、警察では運転していた33歳の男を逮捕している。

クルマは広川サービスエリアから上り方向に逆走を開始しており、警察では男がどこで飲酒したのかを調べている。


飲酒運転で高速道路を逆走ですか…サービスエリア辺りで飲酒をしたと考えるのが妥当だろうと思いますが、高速に乗る前に飲酒していたとしたら、そんな輩を安易に高速道路に侵入させてしまった側にも問題があろうと思います。

飲酒だけではなくシートベルトもタイヤチェーンでもそうですが、警察官ではなくても高速道路を管理運営している側は一般人以上に危険なことと認識しているのでしょうから、もっと注意を払う必要があるでしょうね。

高速道路への侵入に関しては、それを拒否する権利をもっと強くしてもいいかもしれませんね。

まぁ、今回の飲酒がどこで行われたものかはまだ分かりませんが…先回りして対策するくらいではないといけませんね。
posted by たか at 01:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース

無免許運転の父のために…県警職員が免許証偽造

無免許運転の父のために〜偽造容疑で鹿児島県警職員を逮捕

鹿児島県警は9日、原付きの運転しか認められていない実父(58)の運転免許証を偽造し、普通自動車の運転ができるようにしたとして、同県警免許管理課の女性事務職員の石川静香容疑者(28)(鹿児島市皇徳寺台2)を有印公文書偽造容疑で逮捕した。後日、処分する。

調べによると、石川容疑者は1月25日、勤務先の県交通安全教育センター(同市南栄5)で勤務時間中、共用のパソコンを使って、同市内に住む父親の免許証データの種別欄に「普通」を追加し、新しい免許証を作成した疑い。


さきほども記事にしましたが、運転免許証偽造の事件が連続して発覚しています。しかもこの事件は、鹿児島県警職員による犯行というから、たちが悪い。

父親のために頼まれてもいないのに偽造した…とのことですが、同情の余地はない。申請書類までは偽造していなかったようで、免許証を偽造したことが発覚。衝動的な過ちということでしょうか?
posted by たか at 01:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース

ヤミの自動車教習所開設…免許偽造・不正取得

ヤミの自動車教習所開設→偽免許、中国人5人逮捕

偽造された外国の運転免許証を使って、日本の運転免許証を不正取得させたなどとして、警視庁組織犯罪対策1課と小岩署は9日、東京都江戸川区西小岩3、会社社長房培進容疑者(26)ら中国人の男女5人を、公正証書原本不実記載などの疑いで逮捕したと発表した。

「ヤミの自動車教習所」…なんとも怪しい響きですね(^^;

外国の運転免許証を偽造したり、勝手に教習所を開設したりと、この容疑者の行動はいけないことだらけですが、日本の警察・交通課もお粗末なものです。

外国人ということもあるとは思いますが、本人確認の徹底がなされていなかった結果ともいえます。また、外国の運転免許証に対する認識の甘さも否めません。

容疑者を逮捕したりするのと同時進行で、その辺もよく見直しして、教育を徹底したほうが宜しいかと思います。
posted by たか at 01:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース
2006年02月10日

仮ナンバーを不正取得…テレ朝ドラマに使用

仮ナンバーを不正取得容疑 テレ朝ドラマに使用

使用目的を偽って臨時運行許可番号標(仮ナンバー)などを不正に取得したとして、京都府警東山署は8日、映画制作関連会社「綜合商社小野商事」社長、小野順一容疑者(57)=同府宇治市羽拍子町=を道路運送車両法違反容疑で逮捕した。

公道では無車検の車を運転してはいけません。レッカー代をケチったのでしょうけど、これはいけません。

事故などになっても保険もおりませんし、運転させたれた従業員もたまったものではありませんね。従業員の命を粗末に扱ったことも、十分に反省し謝罪すべきです。
posted by たか at 01:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース
2006年02月09日

自動車事故の原因にリス、ハチ、じゃがいも?

自動車事故の原因にリス、ハチ、じゃがいも? 保険会社発表

凍結したリス、怒ったスズメバチ、妨害的なじゃがいも…これらは英国のドライバーたちが自動車保険会社への保険金請求の際に挙げた理由の一部だ。

自動車保険会社ノーリッジ・ユニオンの月曜日の発表によると、風変わりな保険金請求申請の理由として最もよく見られるのは、奇妙な動物が絡んだ事故だ。次は食べ物関係。


事故の理由にリス、ハチ、食べ物…なかなかどうして不可思議なこともあるものです。

このような風変わりな事故理由が「最もよく見られる」ということが、何よりの不可思議ですね。イギリスで何が起こっているのか?気になって仕方ありません(^^;

このニュース記事に記載されている請求内容については正当だと判断されて、しかも保険金が支払われているというから、本当に驚きです。
posted by たか at 00:27 | Comment(0) | TrackBack(1) | 事件事故ニュース
2006年02月08日

裸で車を運転していた男性の追跡で小学校が閉鎖に

裸で車を運転していた男性の追跡で小学校が閉鎖に

米国フロリダ州で40歳の男性が全裸で車を運転しているところが地元保安官によって発見されたが、そのために小学校が一時閉鎖になった。

ジョディ・メダーズ容疑者は国道1号線付近を、裸で車を運転しているところを発見された。地元保安官はメダーズ容疑者を追跡したが、付近にブネル小学校があったため、この小学校を一時閉鎖した。


片やカーチェイスがなくなるだろう記事、片やカーチェイスの記事。まだまだカーチェイスはなくなりそうもありませんね。

でも、このように小学校を閉鎖するにいたるような影響があるので、ゆくゆくはなくなるんでしょうね、カーチェイス。
posted by たか at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース
2006年02月05日

警官装い女子児童を車に…誘拐未遂で男逮捕

警官装い女子児童を車に、誘拐未遂で男逮捕…警視庁

東京都江戸川区内の路上で、警察官を装って下校途中の小学校の女子児童を連れ去ろうとしたとして、警視庁捜査1課は2日、千葉市花見川区花見川8、飲食店従業員井林秀雄容疑者(33)をわいせつ目的誘拐未遂容疑で逮捕したと発表した。

かろうじて未遂事件ですんでいたようですが、本当に悪質な事件です。

警察官という存在の信用を利用し、わいせつな行為をしようとするなんて、最低の行為です。捕まってよかったですよ、本当に。
posted by たか at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース
2006年02月04日

パトカーのキーを盗んで追跡を実力阻止

パトカーの追跡を実力阻止、キーを盗む

兵庫県警は1月28日、パトカーの追跡を阻止しようと、職務質問に応じるふりをして接近してパトカーのキーを抜き、そのまま逃走していたとして、奈良県内に在住する男4人を窃盗や犯人隠避の容疑で逮捕した。

悪いことはできないものです。警察だってバカじゃありません、合鍵くらいはちゃんと用意しているんです。

飲酒運転をするということは「死ぬ可能性が高まる」ということです。その覚悟があるのなら、歩いて帰ったていいじゃぁないですか。
posted by たか at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース
2006年02月03日

盗難車運転中に死傷事故の被告に懲役10年

盗難車運転中に死傷事故の被告に懲役10年・福岡地裁判決

覚せい剤を使用後に盗難車を運転し、パトカーに追われて死傷事故を起こしたとして、危険運転致死傷や覚せい剤取締法違反などの罪に問われた無職、冨谷透被告(46)の判決公判で、福岡地裁(谷敏行裁判長)は2日、求刑通り懲役10年を言い渡した。

谷裁判長は「覚せい剤事犯を含む懲役刑の前科だけで7件あり、犯罪傾向は根深い」と指摘。「警察官からの職務質問で覚せい剤の使用が発覚すると考えた動機に酌量の余地はなく、運転は無謀極まりない」とした。


飲酒運転での危険運転致死傷では最高で懲役20年の実刑がかせられるようになり、つい先日も最高刑が言い渡されたばかりですが、今回の判決は懲役10年…。

飲酒運転はとても重い罪で、覚せい剤使用はそれなりに重い罪だとでも言うのでしょうか?

周到な準備をしていたこともふまえると、今回の事件は計画的殺人とも言えるでしょう。この10年という実刑判決の「差」が意味するものはあるのか?

【法はすべての人にとって平等】という言葉は「裁かれる側にとって」という意味で、「被害者側に立ったものが発する言葉ではない」ということか…そうだとすると残念極まりない事実だ。
posted by たか at 21:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース

何度もブレーキを踏まれ、腹を立てて暴行した自衛官を逮捕

ブレーキに腹を立てて暴行、自衛官を逮捕

北海道警は1月28日、クルマの走行方法を巡って交通トラブルとなった男性の顔面を殴打して軽傷を負わせたとして、陸上自衛隊・旭川駐屯地に所属する25歳の自衛官の男を傷害容疑で逮捕した。

これまでの調べに対し、逮捕された男は「前のクルマが何度も何度もブレーキを踏むので危険を感じて腹が立った」などと話している。現場付近の道路は完全凍結しており、非常に滑りやすい状態にあったという。


確かに前の車が何度も何度もブレーキを踏むような運転を続けているのを後ろから見ていると、ちょっと…危ないかな?と思ってしまうものですが、状況にもよります。

今回のような完全凍結状態の道路なら、危ないのはむしろ後ろを走っている車。この場合は、前の車に何が起こっても自分の車の安全を確保できるような車間距離をとって運転するのが常識です。

腹を立てるのは、お門違い…。
posted by たか at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース
2006年01月30日

水没した車を修理して再販する業者が現れる

水没した車を修理して再販する業者が現れる 米カリフォルニア州

ハリケーン「カトリーナ」や「リタ」来襲時に水没した車を修理して販売する、不謹慎な車のディーラーが被災地域から遠く離れたカリフォルニア州に存在すると州保険長官が明らかにした。

ジョン・ギャラメンディ長官によると、一部ディーラーと修理工場が結託し、ハリケーンで水没した車を修理して再販しているという。


水没した車を修理して販売すること自体には、それほど大きな問題はないと思います。ちゃんと修理されていればいいのですから。

今回の事件は「水没車」だということを伏せて販売していることが問題になっているんだと思います。記事に詳しく書かれていないのでなんとも言えませんが、おそらくそんな感じだと思います。

自分が車を買った後に、それが水没車だと知ったら…相当へこみますよね。こういった悪質な販売手法が横行するのは困りますね。
posted by たか at 00:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース

無差別に車から鉄片投げる事件…女性重症

無差別に車から鉄片投げる?

神奈川県逗子市山の根の県道で28日、横浜市の男性会社員(30)の軽ワゴン車に鉄片がぶつかり、フロントガラスを突き破った。鉄片は対向車から投げ込まれたとみられ、逗子署は器物損壊容疑で調べている。周辺3キロ四方内では、26日と昨年7月にも同じような事件が起きており、同署では同一犯が無差別に対向車を狙った可能性もあるとみている。

日大大学院法務研究科の板倉宏教授によると「鉄片を車に投げ込めば殺人にいたる可能性があるのは明白。未必の故意が認められれば殺人未遂容疑に切り替わるだろう」とのこと。

未必の故意を認めるもなにも、常識から考えて故意に投げつけている以外にありません。これは無差別殺人未遂容疑にあたると思います。器物損壊なんて悠長な容疑で捜査をしている場合ではありません。

こういった悪質な事件こそ早急に解決していただきたい。
posted by たか at 00:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース

九死に一生!ホアキン・フェニックス…ブレーキ効かず事故

九死に一生を得た!ホアキン・フェニックスがハリウッドで交通事故

伝説のカントリー歌手ジョニー・キャッシュを演じた「ウォーク・ザ・ライン~君に続く道」で今年のゴールデングローブ賞で最優秀主演男優賞を獲得し、アカデミー賞ノミネートも間違いないといわれているホアキン・フェニックスが、運転していた自動車のブレーキがきかなくなり転倒するという事故をおこした。しかし、ホアキンは自力で歩いて脱出し九死に一生を得たという。

奇跡的にホアキン氏も衝突した車の運転手にも怪我はなかったようです。ホアキン氏が無事だったのは「シートベルトを締めていたおかげ」だと広報担当者は言っています。

シートベルトの大切さを実感させられますね。
posted by たか at 00:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース
2006年01月28日

路肩でチェーンを着装中にひき逃げされ重傷

路肩でチェーンを着装中にひき逃げされる

22日夕方、群馬県みなかみ町内の関越自動車道上り線で、路肩にクルマを止めてチェーンの装着を行っていた24歳の男性がひき逃げされ、重傷を負う事件が発生した。警察では逃げたクルマの行方を追っている。

路肩でチェーンを装着中に…ですか。

路肩が狭く車1台分ほどの幅しかなかったようで、右側のタイヤを装着する時に走行車線に身体がはみ出してしまっていたのも原因のようです。

それにしてもひき逃げですから、早く犯人が逮捕されるといいのですが。
posted by たか at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース
2006年01月27日

15回以上の出頭拒否…事故から1年後に逮捕

15回以上の出頭拒否で捜査に支障、死亡事故を起こした男を逮捕

三重県警は22日、死亡事故を起こしながらも事情聴取などを目的とした出頭を理由なく拒み続けていた35歳の男を業務上過失致死容疑で逮捕した。

三重県警・大台署によると、問題の事故は2005年1月1日の午前11時20分ごろに発生している。


15回以上にわたる出頭拒否をするような人物を「任意捜査で十分」と判断していたことがそもそもの間違えです。

15回の出頭要請の間に気がつかないものか?まるまる1年以上も経過しての逮捕…事故が起こり子供が一人亡くなっているのだから、もっと早めの判断を下していただきたいものです。
posted by たか at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース

SUV車名酷似…ホンダがフォードを提訴

SUV車名酷似 ホンダがフォードを提訴

米カリフォルニア州の通信社CNSによると、ホンダの米法人は25日、自社のスポーツタイプ多目的車(SUV)に酷似した名前を使われたとして、フォード・モーターを相手に車種名の使用中止を求める訴訟を、ロサンゼルスの裁判所に起こした。

ホンダの「MDX」、フォードの「MKX」…確かに似ている。

でも、これは仕方ないのではないでしょうか?アルファベット3文字の名前ですからね。意味のある言葉の頭文字だとしたら、似たようなタイプの車種であれば似たような名前になる気がします。

消費者に与える影響が無いとは言えませんが、バカ売れしない限り「それって、どこのクルマ…?」って思える名前の付いた車は腐るほどあります。国産車もしかり。

売れるんでしょうか?ホンダのMDX…。
posted by たか at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース