事件事故ニュース

2006年01月26日

交通事故死者…高齢者が全体の「42%」以上を占める

交通事故死者、高齢者が最高の42%・「運転中」も増加

昨年1年間の交通事故死者のうち、65歳以上の高齢者の占める割合が、過去最高の42.6%に達したことが26日、警察庁のまとめで分かった。

交通事故死者数が49年ぶりに7000人を下回り、交通事故発生件数も前年より減少する中で、高齢運転者による死亡事故件数が増加したことも判明。高齢者対策が今後の課題であることが浮き彫りになった。


交通事故死亡者は年々減少しているようなのですが、昨年1年間の交通事故死者のうち65歳以上の高齢者が4割以上にも達していたようです。

今後どんどんと高齢化が進みますので、この割合も増えてしまうのではないでしょうか…なんとか早めの対策を考えていただきたいところです。
posted by たか at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース

交通事故で同姓同名の別人を誤認送検

<誤認送検>交通事故で同姓同名の別人を 道警江別署

北海道江別市で昨年6月に起きた交通事故を処理した江別署交通課の40代の男性警察官が、事故当事者と同姓同名の別人を業務上過失傷害の疑いで誤って書類送検していたことが26日、分かった。道警監察官室は事実関係を調査したうえで処分を検討する。

昨年10月末、間違われた男性が免許証を更新した際に「身に覚えのない事故歴がある」と指摘。誤りが分かった。


同姓同名だからって誤認送検をされたんでは、たまったものではありません。免許証の照会の際に事故当事者とは別の人を照会してしまったことが原因のようです。

免許を更新するまでは気づかないものなんですね。怖いですね…(^^;
posted by たか at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース
2006年01月24日

三井住友海上…保険金不払い、さらに3000件発覚

三井住友海上の不払い、さらに3000件

損害保険会社による保険金の不払い問題で、三井住友海上火災保険の不払いが、これまで公表した約2万5000件(約17億円)以外に、さらに約3000件(約1億円)あったことが分かった。

不払いを調べた際、契約者の意思を十分確認せずに「受け取りを辞退した」とみなして、不払い対象から除いていた。現在、再調査のうえ支払いを進めているが、大量の不払い発覚後もずさんな対応が続いていた形だ。金融庁も把握している模様で、再び業務改善命令などの処分を出す可能性がある。


損害保険…つまり自動車の任意保険のことですが、もしもの事故に備えて高いお金を支払って加入している保険が、もしものときに支払われないのでは話になりません。

しかも大手の損保会社たちがこんな行為を横行しているようでは、誰も任意保険なんて入らなくなってしまいますよ。

金融庁も監督不行き届きなのでは?監督下に置いているのですから、もっと厳粛な目で判断し指導していっていただきたいと思います。
posted by たか at 00:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース
2006年01月23日

保険金欲しさに…自分のBMWを土に埋めた

保険金欲しさに自分のBMWを土に埋めた男性

米国オハイオ州で借金の返済に悩まされた男が、保険金欲しさで自分の97年製のBMWを埋め、「盗難された」と保険会社に申告し、保険金2万ドル(240万円)を受け取っていたことが発覚した。

BMWの所有者であったマシュー・ミュラー(35)は、2002年にトラクタショベルをレンタルして、農村地にある父親が所有する土地に、自家用車のBMWを埋めた。


保険金(約240万円)を返還し、さらに警察が車を掘り起こした際の費用(約180万円)を支払ったそうですので、トータル420万円…しかも実刑判決付き。

悪いことはするもんじゃありませんね。
posted by たか at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(1) | 事件事故ニュース
2006年01月22日

モーターショー閉館後…こっそり「ヌード撮影会」

国際自動車ショーで深夜のヌード撮影会

車愛好家たちは最新モデルのプレビュー以上のものを目にした。

ある女性が17日未明、北米国際自動車ショー(デトロイト自動車ショー)の会場で、クライスラーのダッジ・チャレンジャーに乗ってヌードでポーズを取ったのだ。デトロイトの捜査当局は、その女性がどのように開場時間外に展示場に入れたかを調査している。


閉館後に、女性のヌード撮影会ですかぁ。いったい何の撮影だったんでしょうか?雑誌か何かかな?でもバレるよな…個人的なものなのか?それともネットで撒くつもりだったんでしょうか?

それにしても閉館後の館内に「複数の男性+裸の女性」が簡単に入り込めてしまうってのも、どうかと思いますよね。高価な車が所狭しと並んでいるわけですから、盗難…なんてことになったらそれこそ大変です。

撮影した写真って、表には出ませんよねぇ…きっと。
ちょっと気になりますよね?!(^^
posted by たか at 04:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース
2006年01月20日

暴走車に自分の車をぶつけて止めた女性に拍手

自分の車をぶつけて暴走車を止めた女性 カナダ

トロント在住の女性が、カナダの最も混雑する高速道路で自分の車を暴走車に追突させ、大事故になるのを防いだ。ドライバーが運転中に貧血を起こし、気を失ってしまったため車が暴走したとみられている。

暴走した車を自分の車に追突させるなんて…なんとも勇気のある行動です!僕がその場にいても、そんな行動ができたとは思えません。

だいたい、自分の車に傷をつけるなんて考えただけで嫌なものです。そんなことを考えもせず行動に移し暴走車を止めた彼女は、すばらしい!!

それにしても、車の修理代は国に負担してもらえるのでしょうか?自腹だったらかわいそうですね(^^;
posted by たか at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース
2006年01月19日

深夜に駐車場で強盗…売上金740万円奪われる

深夜に駐車場で強盗、740万円奪われる・名古屋市

16日午前1時35分ごろ、名古屋市熱田区花表町のマンション駐車場で、帰宅したパチンコ店員の女性(60)が、2人組の男に「金を出せ」と脅され、パチンコ店の売上金など計740万円の入ったバッグを奪われた。女性は左腕に軽傷。愛知県警熱田署は強盗事件として逃げた2人組の行方を追っている。

明らかに売上金を持っていることを知っていたと思える犯行ですね。内部事情を知っていた可能性は高いと思います。駐車場で襲われたようなので、パチンコ店からつけられていたのでしょうね。

それにしてもこの女性も無防備すぎます。週末は売上金を持って帰っていたなんて…一般企業では考えられないことです。売上金は「出来る限り持ち帰らない・店に置いておかない」という工夫をしなければなりませんね。
posted by たか at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース

ハイブリッド車に搭載の技術…特許侵害でトヨタを提訴

米社、特許侵害でトヨタ提訴 ハイブリッド攻防で焦り

エンジンと電気モーターを併用するハイブリッド車に搭載されている駆動技術をめぐり、トヨタ自動車が特許侵害で米社から米国際貿易委員会(ITC)に提訴されたことが十三日までに分かった。訴えたのは自動車部品メーカー、ソロモン・テクノロジーズ(フロリダ州)で、この技術を使った部品の輸入と米国内販売の差し止めを求めている。

トヨタのハイブリッド車プリウスなどに使われている技術が特許侵害をしているかも…とのことで訴えられているようです。

本当のところはわかりませんが、以前にも同様の訴えがあったようですので、何らかの対処は考えてあることでしょう…今後の展開が気になります。
posted by たか at 01:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース
2006年01月18日

基準値以下だったのに…飲酒検問を振り切って事故

基準値以下だったのに飲酒検問を振り切った男性、事故

お酒を飲んでいたため、警察の呼気検査検問を振り切って車で逃走した男性が事故を起こしたが、男性のアルコール量は法的に基準値以下だった。

大阪府池田市で水曜日の夜、44歳の男性が検問を振り切って車で逃走したが、1キロほど離れた場所の河川敷に転落し、上下逆さまになっている車を追跡していた警察官が発見した。


う〜ん、なんともお粗末な事件です。

飲酒運転をしているという実感があったため、検問を突破して逃げたのでしょうけど…自爆して、捕まってみてビックリ!といった感じでしょうね。

でも、逃げるくらいですから、それなりの量のお酒を呑んでいたと思うんですが…それでも法定基準値以下だったわけですから、法定基準値を見直してたほうが良いのではないかと思います。

もちろん、もっと少ない量でも酒気帯びになるようにし、飲酒の基準値ももっと厳しくする必要があると思います。

下手に酒気帯びなどというランクを設けているから、いつまでたっても飲酒運転が無くならないのでは?
posted by たか at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース
2006年01月16日

無免許がバレたシュワ知事…「免許を取ったことはありません」

無免許がバレたシュワ知事、バイク免許取得の意向

長年、熱狂的なバイク愛好家だったアーノルド・シェワルツェネッガー・カリフォルニア州知事が、バイクの免許を取ることにした。先日、バイクに乗っていて軽い交通事故を起こし、無免許だったのを認めたことを受けてのことだ。側近の1人が12日、明らかにした。

おお、なんということでしょう…シェワルツェネッガー州知事が無免許だったなんて。

長年の熱狂的なバイク愛好家…でも、「バイクの運転免許を州に申請したことは一度もない」、「免許を取ったことはありません。考えたこともなかった」と話しているというから驚きです!

知事の仕事で忙しいのでしょうけど、ぜひとも合法な手段で免許を取得して、堂々とバイクライフを送って欲しいものですね。
posted by たか at 21:56 | Comment(0) | TrackBack(1) | 事件事故ニュース
2006年01月14日

除雪車が巻き込み、歩道の男性会社員死亡…北海道

除雪車が巻き込み、歩道の男性会社員死亡…北海道

13日午前1時40分ごろ、北海道恵庭市恵南の国道36号の歩道上で、同市桜町、会社員戸島大輔さん(21)が、歩道を除雪中の小型ロータリー車に巻き込まれ、外傷性ショックで即死した。

作業中の除雪車に巻き込まれる…なんとも痛ましい事件です。

北海道防災消防課によると、「今冬に道内で雪に関連した事故で死亡したのは戸島さんが5人目」とのことで、早急な安全対策を求めたいと思います。
posted by たか at 01:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース
2006年01月12日

踏切内で車立ち往生…車の運転手を逮捕

踏切内で車立ち往生、車の運転手を逮捕 JR京都線

11日午前7時25分ごろ、大阪市淀川区宮原2丁目のJR京都線・東淀川駅北側の北宮原第1踏切で、乗用車が立ち往生していたため、網干発米原行き快速電車(8両編成、乗客約1000人)が踏切手前で緊急停車した。淀川署は、車を運転していた大阪市東淀川区東淡路1丁目、無職能宗哲雄容疑者(57)を往来危険容疑で現行犯逮捕。

踏切内に取り残されるようなことが無いに越したことはありませんが、もしも取り残されてしまったら、遮断機の竿(さお)を折ってでも踏切の外に逃げましょう。車に傷が付くだの何だの言っている場合ではありませんからね…。

最悪は電車と衝突してしまいますし、衝突しなかったとしても今回のように多くの電車利用者などの迷惑をかける結果になってしまいます。そして…逮捕。

もしものための対応策を頭に入れておきましょう。
posted by たか at 04:20 | Comment(0) | TrackBack(5) | 事件事故ニュース

事故の目撃者をひき殺した男…殺人罪で起訴

事故の目撃者をひき殺した男、殺人罪で起訴

検察庁・名古屋地検は6日、自ら起こした衝突事故の目撃者をひき殺したとして、34歳の男を殺人罪で起訴した。当初は傷害致死などの容疑で逮捕されていたが、被害者を約400mに渡ってひきずっており、未必の殺意が認定された。

当初は「怖くなった」と供述していたが、後に飲酒運転の発覚を恐れたことが逃走理由だった…とのことで、自分かわいさで目撃者をひき殺したということになります。

そもそも飲酒運転さえしていなければ、衝突事故すら起こっていなかったでしょうに…殺人罪も妥当なところだと思います。
posted by たか at 04:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース
2006年01月10日

シュワルツェネッガー知事親子…交通事故で負傷

シュワ知事親子が交通事故で負傷

【ロサンゼルス9日】シュワルツェネッガー米カリフォルニア州知事(58)と息子のパトリック君(12)が8日、オートバイ事故で負傷し病院に運ばれた。同知事の広報担当秘書によれば、シュワルツェネッガー知事はロサンゼルスの自宅近くで、ハーレー・ダビッドソンを運転中、バックしてきた車に衝突した。パトリック君はサイドカーの方に乗っていた。

シュワルツェネッガー親子がバイクで事故にあってしまったようです。幸いスピードも出ていなかったようで、軽傷ですんだようです。

バイクは身体がむき出しの状態ですから、ちょっとした事故が大事になることもあります。バイクを乗る人は気をつけてくださいね。
posted by たか at 02:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース
2006年01月08日

ラーメンを食べていたらクルマが…

ラーメンを食べていたらクルマが…

1日深夜、静岡県沼津市内の県道沿いにある営業中のラーメン店に乗用車が突っ込む事故が起きた。客や従業員にケガは無かったが、クルマは大破し、乗っていた男女2人が死傷している。

ラーメン店の手前60m付近から事故を起こしたクルマのブレーキ痕が続いていたことが確認されている…とのことですので、よっぽどのスピードで走行していたのでしょう。

道路沿いのらーめん店はたくさんありますが、こういった事故が起こる危険もあると思うと、おちおち食べにいけませんね。
posted by たか at 03:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース
2006年01月05日

2005年の交通事故死者数…都道府県別傾向

2005年の死者数、都道府県別傾向

年間死者6871人という低水準で抑えることのできた要因の1つが、最多発地域での死亡事故減少だ。北海道は前年比で82人、約2割死者数を減少させ、13年間死者数ワースト1という汚名を返上した。大阪府も45人減少させ、ワースト5圏外へ脱出した。

ワースト1を返上した北海道ですが、前年比で82人もの減少をしたようですが、死者数はいまだに300人オーバー…広大な土地と気候も原因のひとつかもしれませんね。

それにくらべて愛知・埼玉・千葉などは、残念な結果といえましょう。交通安全・事故に対する意識改革が必要だと思います。

●死者が多い都道府県
1:愛知  351人
2:埼玉  322人
3:千葉  305人
4:北海道 302人
5:東京  289人
posted by たか at 01:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース
2006年01月04日

自販機荒らし、捜査車両を乗り逃げ…2人逮捕

自販機荒らし、捜査車両乗り逃げされるも2人逮捕

3日午前6時35分ごろ、埼玉県東松山市神戸の県道沿いにある自動販売機コーナーで、男2人が自販機を壊そうとしているのを警備会社の社員が防犯カメラで確認し、東松山署に通報した。

同署員2人が駆け付けたところ、男らは2方向に分かれて逃走。署員2人は住所・職業不詳森清司容疑者(41)を窃盗未遂の現行犯で逮捕したが、そのすきに別の男が止めてあった捜査車両に乗って逃げた。


車のカギをつけっぱなしにすることで、車両盗難の被害にあう可能性はグンとあがるということは、だいぶ周知されてきていますからね。一般人でもコンビニなどでカギをつけっぱなしにする人もだいぶ減ってきていると思います。

今回の事件では結果的に犯人を捕まえましたので何よりだと思いますが、いつ何があるか分りませんので、誰しもが気をつけたいところですね。
posted by たか at 01:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース
2006年01月03日

全国の交通事故死者数、49年ぶり7000人下回る

交通事故死者数、49年ぶり7000人下回る

昨年1年間の全国の交通事故死者数は、前年より487人(6・6%)少ない6871人で、1956年以来、49年ぶりに7000人を下回ったことが2日、警察庁の集計でわかった。

死者数の減少は2001年から5年連続。また、一昨年まで過去最悪を更新していた交通事故の発生件数と負傷者数も、3年ぶりに前年を下回る見通しとなっている。


昨年の全国の交通事故死亡者数はだいぶ減ったようですね。

死亡者数だけでなく、交通事故自体ももっともっと減るように、より一層の対策をしていって欲しいですね。

飲酒、スピード、シートベルト、高齢者、あたりがポイントですかね。
posted by たか at 09:49 | Comment(0) | TrackBack(1) | 事件事故ニュース
2006年01月02日

東北道料金所で偽1万円札使用される

東北道料金所で偽1万円札

30日午後7時半ごろ、岩手県紫波町の東北自動車道下り線の紫波料金所で車の男が偽1万円札を渡し、釣り銭9250円を受け取って自動車道を出た。紫波署が偽造通貨行使容疑で捜査している。

両面カラーコピーの偽札って、偽札の中でもかなり質の落ちるものだと思います。

犯人は「料金所でなら、いけるだろう!」と思って使ったのでしょうけど、まんまと使えてしまったというのは、残念なことですね。

料金所のスタッフも、偽札に対する意識をもっと持ったほうが良さそうですね。
posted by たか at 02:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース

自動車放火…仏警察、大みそかの暴動阻止へ厳戒

仏警察、大みそかの暴動阻止へ厳戒・全土で2万5000人配置

仏警察当局は30日、自動車放火などの若者の暴動再発を阻止するため、同日朝から仏全土で約2万5000人の警察官や機動隊員を動員する厳戒態勢に入った。パリではシャンゼリゼ大通りを中心に4500人が警備にあたる。1997年の大みそかに車61台が放火された仏東部ストラスブールは特に厳しい警備を敷く。

一年を締めくくる大晦日に車に放火することが恒例になっているなんて…なんとも嫌な習慣ですね。

狙われた車の持ち主はたまったものじゃありません。早く収まると良いんですがね。
posted by たか at 02:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故ニュース