技術開発ニュース

2006年01月05日

車のナンバーにICチップを…国交省実験へ

車ナンバーにICチップ 国交省実験へ

国土交通省は三日、自動車のナンバープレートに車のナンバーや車種などの情報を盛り込んだ小型のICチップを付けた「スマートプレート」の実用化へ向けた取り組みを本格化させることを決めた。

こういったICチップなどの導入により、「車の動きを正確に把握、渋滞緩和やセキュリティー対策などに役立てる考え」だそうですが、このような良い面とは裏腹にプライバシーについても考えていく必要があるでしょうね。

「いつ、どこで、誰が…」といった情報が得られるようなら、その辺をクリアにしておかないと、問題になる可能性もありますからね。

個人的には、こういった技術をどんどんと取り入れて、安全対策などを進めていただきたいと思います。
posted by たか at 01:09 | Comment(0) | TrackBack(2) | 技術開発ニュース
2006年01月04日

自転車レーン、車・歩行者と完全分離 幹線道で全国初

伏見通に自転車レーン 中区の国道19号 車・歩行者と完全分離 幹線道で全国初

国土交通省と愛知県警、名古屋市は、同市中区を走る国道19号線(通称・伏見通)に、幹線道路としては全国初の自転車専用レーンの整備を決めた。市中心部では自転車利用者が多く、歩道を走る自転車と歩行者の接触事故や、無秩序な歩道上の駐輪が問題になっている。専用レーンの設置は、歩行者と自転車、車の3者を完全に分離し、新たな道路モデルとするもので、5月に着工、来年度中の完成を目指している。

自転車と衝突した歩行者が死亡するような事故も起こっていますから、「安全」というものを考えていくと、このように歩行者、自転車、自動車の完全分離という道路構想になってくるんでしょうね。

アンケートなどで利用者の声も集めているようですので、完成が楽しみですね(^^
posted by たか at 00:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術開発ニュース
2006年01月03日

クライスラー『アキノ』の女性デザイナーあきの

【デザインインタビュー】クライスラー あきの の女性デザイナー

2005年10月に行われた東京モーターショーで、クライスラーが出品した『アキノ』コンセプトカーが評判を呼んだ。

クライスラーがアジアマーケットを意識し、インテリアに竹材が使われる、などユニークなデザインのこのクルマ、デザイナーも生粋の日本人女性、ということが驚きをもって迎えられたのだ。しかもデザイナーである土屋秋野氏の名前がそのままコンセプトカーのネーミングとなっている。


自分の名前がそのまま車名になってしまうなんて、とっても光栄なことですよね(^^

デザイン自体もなかなかのもので、個人的にはリアガラスから天井につづく窓?の感じが好きですね。あとは、スーサイド!便利だと思うのですが、今の車にはないんですよね。コスト削減からですかね…。
posted by たか at 09:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術開発ニュース
2006年01月02日

トヨタと中日本高速…車に情報送信ITS共同実験へ

トヨタと中日本高速 ITS共同実験へ 車に情報送信 第2東名を想定

トヨタ自動車と中日本高速道路会社(本社・名古屋市)は、最先端の情報通信技術を利用した「高度道路交通システム」(ITS)の共同実験をするための具体的な協議を始めた。第2東名高速道路を実験場所に想定し、ドライバーの安全運転や快適走行を支援するため、実用的なサービスを掘り起こすのが狙いだ。実現すれば、昨年秋に民営化した高速道路会社として、自動車メーカーと連携する全国初のケースとなる。

こういった技術をどんどんと進めていただいて、より快適で安全な道路を作って欲しいですね。

今問題になっている児童らの登下校時の安全対策にもつながりそうですし、ゆくゆくは高速道路だけじゃなく一般道路にも手を伸ばしていただきたいですね。
posted by たか at 02:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術開発ニュース
2006年01月01日

【トヨタ ベルタ 発表】美しい人…鈴木京香さん

【トヨタ ベルタ 発表】美しい人写真蔵…鈴木京香

11月28日に発表されたトヨタ『ベルタ』のCMキャラクターは女優の鈴木京香さん。CM撮影時のベルタとの初対面について「シンプルできりっとしたいい顔だな」と思ったそう。

鈴木京香さん、良いですよねぇ、きれいで優しそうで(^^
「美しい人」…たしかにそんな印象です。

トヨタのベルタも京香さんのように愛される存在になると良いですね。
posted by たか at 06:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術開発ニュース
2005年12月31日

ハイブリッド車…海外勢は共同開発、トヨタ・ホンダに迫る

ハイブリッド車 海外投入、技術の競演

トヨタ プリウス独走、強気戦略/ホンダ 独自システムで追撃

エンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッド車の販売が世界市場で順調に広がりを見せている。トヨタ自動車は平成9年12月に「プリウス」を発売して以来、今年10月末までの累計販売が50万台を突破。来月からは中国でも販売が始まる。ホンダのハイブリッド車も、昨年12月に北米限定で排気量3.0リットルの「アコード」が発売されたほか、11月には全面改良した「シビック」が国内で発売されるなど、拡大基調にある。


ハイブリッド車といえばトヨタ…というくらいの知名度&シェアを誇るトヨタ。そして、それに対抗するホンダ。

世界的に見ても日本のハイブリッド技術は進んでいますが、2007年度からいよいよ海外勢がハイブリッドに力を入れてくるようです。

「独BMWとダイムラー・クライスラー、米ゼネラル・モーターズ(GM)が共同でハイブリッドシステムを開発中」とのことですので、魅力的なシステムが期待できそうですね!

今後もハイブリッド技術から目が離せませんね(^^
posted by たか at 00:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術開発ニュース
2005年12月29日

ネットで新車の登録手続きができるサービス始まる

ネットで新車の登録手続き 4都府県で始まる

新車登録をインターネットで−。自動車購入に必要な手続きをインターネットで受け付ける「ワンストップサービス」が二十六日、東京、神奈川、愛知、大阪の四都府県でスタートした。政府が進めている「e−Japan(電子政府・電子自治体)」プロジェクトのひとつで、二〇〇七年中に全国に拡大する。

以前から話題になってた「ワンストップサービス」ですが、いよいよスタートしましたね!

今は、東京、神奈川、愛知、大阪の4都府県でのみ利用できるサービスですが、ゆくゆくは全国で利用できるようになるようです。1〜2年後には、新車以外にも中古車などの登録手続きもできるようになるそうですので、ますます便利になりそうです。

ところで、このサービスを利用するためには「住民基本台帳のICカード」が必要だそうで、住基ネットに参加していない市町村に住んでいる人は、実質利用できないことになります。

住民基本台帳の存在自体の問題がいまだ解決していませんので、今後このサービスがどのような影響をあたえ、またどのように発展・浸透していくのか気になるところです。
posted by たか at 02:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術開発ニュース
2005年12月28日

トヨタが「ミュージックプレーヤー」を発売…その正体とは?

トヨタ、ミュージックプレーヤー発売──その正体とは?

トヨタ自動車(株)は26日、“クルマ型Music Player”を開発テーマにした新製品『TOYOTA MUSIC PLAYER bB』を発表した。“音・光・まったり”の3つをキーワードに開発された同製品は、2000年の登場以来、若年層を中心に高い支持を集めてきたコンパクト2ボックスカー“bB”シリーズの最新モデルである。

予告CMでたびたび目にしてきた「トヨタのミュージックプレーヤー」ですが、その正体は『dB』だったんですね!

クルマ型ミュージックプレーヤーですか…僕的には特に目新しさは感じませんが、開発時からリスニング環境を意識しての内装などの造りになっているので、一般的なクルマと比較すると高い次元での音質を期待できると思います。

普通なら自分で(もしくはプロショップに頼んで)、車内という音質的に不利な条件の中で少しでも高音質で音楽を響かせるようにする努力が必要でしたが、これならその手間は最小限で済みそうです。その辺は魅力的ですね(^^

それにしても、このdBのCMソングにもなっている布袋さんリップスライムによるコラボも気になりますね。国内初といわれる「MUSH UP(マッシュアップ)」という手法によるアレンジに、日本の音楽界も注目でしょう♪

Boφwy世代の僕としては、dB以上に気になります…(^^;
posted by たか at 09:43 | Comment(0) | TrackBack(1) | 技術開発ニュース
2005年12月26日

東京オートサロン…ホンダ・ステップワゴンの狙いは、クルマ嫌い

【東京オートサロン06】ホンダ…ステップワゴンの狙いは、クルマ嫌い

スポーティなエアロデザインといえなくはないが、同じく東京オートサロン2006に展示されるほかの2台(『シビック』や『エアウェイブ』)と比べると明らかに雰囲気の違う『ステップワゴン』モデューロコンセプト。

じつはターゲットは明確で、ミニバンを好む、クルマ好きではない今どきの若者。つや消しシャンパンのボディカラーも、液晶テレビの筐体のようなモダンな色使いだ。


確かに昨今の若者が好む車と、昔の若者(僕もそうですね(^^;)が好む車の系統や求めるものはだいぶ変わってきていると思いますね。

僕の会社の若い衆もやっぱりそんな感じですもんね。

良いか悪いかは別として、ニーズにあった商品を作るために色々と考えるものですね。このホイールガード?もようなものも良いアイデアですよね(^^
posted by たか at 01:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術開発ニュース
2005年12月23日

トヨタG-BOOK&G-Link会員の事故、車両盗難に見舞金を支給

G-BOOK & G-Link 会員の事故、車両盗難に見舞金を支給

トヨタ自動車は、テレマティクスサービス「G-BOOK」、「G-BOOK ALPHA」のDCMプラン契約者、とレクサス専用テレマティクスサービス「G-Link」の契約者に対するサービスとして、車両盗難や車上荒らしによる被害、エアバッグの作動を伴う事故が発生した場合に見舞い金を支給する制度を、2006年1月から開始すると発表した。

盗難などの被害に遭うことがないことが一番ですが、万が一のときには、こういった見舞金が支給されるというのは嬉しいものですよね(^^

僕は加入している任意保険の車両保険および特約などで、そういった補償を受けることができますが、保険としてお金を払っていますからね(^^;

トヨタのこのサービスの対象になるテレマティクスサービスの会員になるには、お金はかからないのでしょうかね?かからないなら良いサービスだと思います。
posted by たか at 04:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術開発ニュース
2005年12月21日

【VW ポロGTI登場】GTIのアイデンティティを踏襲

【VW ポロGTI登場】GTIのアイデンティティを踏襲

VW『ポロ』に追加設定されたGTIには、現行型『ゴルフ』GTIのように、初代ゴルフGTIにインスパイアされたデザインが数多く採用されている。

もっとも特徴的なのは、グリルの下が黒く塗られたワッペングリルだ。グリルはメッシュタイプに変更され、グリルの縁にはGTI定番の赤いラインが入っている。ヘッドライトもリフレクター部分がブラックになり、精悍さを増している。


ゴルフGTIといえば、スカイラインで言うGT−Rのような存在で、一般的なゴルフとは一線引かれた存在として注目されてきました。そのゴルフGTIの初代モデルのデザインを継承したポロGTI。この車もゴルフGTIのように、グレードを超えた存在になるのか?注目ですね。

それにしてもスポーティです。フロントグリルの赤いラインもヤル気にさせてくれますね(^^
posted by たか at 11:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術開発ニュース
2005年12月20日

おサイフケータイ×公共交通 クルマ依存から、クルマ共生へ

おサイフケータイ×公共交通【伊予鉄】クルマ依存から、クルマ共生へ

伊予鉄グループの取り組みで注目なのは、公共交通のIT化・利便性の向上により、クルマ依存社会から脱して、「クルマ共生社会」への模索をしている点である。

同社は公共交通部門のICカード/おサイフケータイ対応だけでなく、日本最大規模のバス・ロケーションシステムの導入や、公共車両優先システム(PTPS)、パーク&バスライドへの取り組みなど、地方行政と共同で「まち作り」にまで積極的に関わっている。また、公共交通の発展と電子マネーで地域経済の活性化を視野に入れたリアルビジネスを展開している点も注目だろう。


確かに地方に行けばいくほど、車の無い生活は考えられない…というか車がないと生活ができないような状態ですよね。うちの方でも似たようなものです(^^;

車ありきで物事を考えていかないと、住めたものではありません。

もっと公共の交通網が発達すれば済む問題だと思いますが、それがなかなか難しい問題なのだろうと思います。
posted by たか at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術開発ニュース
2005年12月19日

内蔵のスポンジで吸音、世界初を謳うタイヤをダンロップが発表

内蔵のスポンジで吸音、世界初を謳うタイヤをダンロップが発表

住友ゴム工業は、タイヤの内部に吸音スポンジを配置するという新技術を採用したタイヤ「ダンロップ ルマンLM703」を、2005年12月14日に発表した。発売は2006年1月1日からで、サイズは5シリーズ79サイズ。価格はオープンプライスとなる。

ダンロップのルマンシリーズがまたまた進化したようですね。

僕は基本的に横浜タイヤ派なのですが、ダンロップのタイヤではこのルマンがお気に入りです(^^

ルマンは性能の割りに価格が安く、横浜タイヤのラインナップの穴を付いた設定だと思っています。なのでそのクラスのタイヤが必要なときは、横浜派の僕もダンロップのルマンを使用します。

今回の世界初を謳う新技術採用のタイヤはどんなものか?
一度試してみたいところです。

来年の1月1日発売とのことですので、ルマンを購入される予定の人はちょっとだけ待ったほうが良いかもしれませんね。まぁ待てる余裕のあるタイヤを装着している場合ですが…ツルツルのタイヤで待つのは危険ですので、その場合は乗らないことですね(^^;
posted by たか at 02:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術開発ニュース
2005年12月14日

子供の安全、ITで守れ 各社、防犯グッズ続々

子供の安全、ITで守れ 各社、防犯グッズ続々

広島市と栃木県今市市の女児が相次いで下校途中に殺害されるなど凶悪な事件が多発するなか、GPS(衛星利用測位システム)を利用した位置確認システムなど、携帯防犯端末で子供の安全を守ろうという取り組みが進んでいる。

GPSなどのIT技術を活用した携帯防犯端末で、子供の安全を守ろうという動きがあるようです。

こういった技術はそれはそれで素晴らしいものがありますし、うまく使うことによって防犯面で役に立つものだと思います。ですが、それらに頼りっきりになってしまってはいけないと思います。言い換えれば、それで「安心してはいけない」ということです。

それらと平行して、地域ぐるみのアナログ的な防犯対策を徹底し、また一人ひとりの子供においても、危機管理意識を持たせる教育をしていくことが必要だと思います。

家庭での個別の教育はもちろん、学校での教育も必要だと思います。

そういった多岐にわたる要素クリアしていくことによって、「安全」というものを具現化できるのではないでしょうか。
posted by たか at 01:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術開発ニュース
2005年12月12日

オートバックスセブン、ロードスターベースのオリジナル車両を発売

オートバックス、ロードスターベースのmonoCRAFT MH1 発売

オートバックスセブンは、オリジナルブランドの「monoCRAFT」シリーズに、新たにマツダ『ロードスター』をベースにヨーロッパモダン風にカスタマイズした、monoCRAFT『MH1』を設定、2006年1月14日より全国のオートバックスC@RS-SHOW店舗にて販売を開始する。

スーパーオートバックスセブンがオリジナルブランドの車を発売するそうです!

ベースとなる車両は、「マツダ・ロードスター」です。

オリジナルデザインですので好みはあるかと思いますが、人とは違ったロードスターに乗りたい人には良いかもしれませんね(^^

ただちょっとお値段が…ベース車両に+60万円って高い気がしますが、そんなものですかね(^^;
posted by たか at 00:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術開発ニュース
2005年12月05日

ゼンリンデータコムとサイバード、歩行者ナビサービス開始

ゼンリンデータコムとサイバード、「FOMA 90Xiシリーズ」向け歩行者ナビ

ゼンリンデータコムとサイバードは、iモードメニュー上にて提供中の地図情報サイト「ゼンリン携帯マップ」の名称を「ゼンリン地図+ナビ」に変更し、新規メニューとして「FOMA 90Xiシリーズ」向け歩行者ナビゲーションなどの新機能を、12月5日より追加する。

最近の携帯電話って、ホント多機能になりましたよね。

つい先日も友人の携帯(au)をナビ代わりに使ったのですが、本当に良くできています。携帯電話の機能というより、もうりっぱなナビゲーションです。高価なカーナビを買わなくても十分だと実感しました。

しかも携帯電話の機能ですから、車だけではなく歩行中に利用できますので、利便性は数段上になると思います。

日本の携帯電話はどこまで進化していくのでしょう?とても楽しみですね(^^
posted by たか at 00:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術開発ニュース
2005年12月04日

ボディのキズが自然に治る塗料…日産が開発

ボディのキズが自然に治る塗料…日産が開発

日産自動車は、洗車機やブッシュ走行などによる擦りキズやドアハンドル周辺の爪による引っかきキズなど、塗装表面に生じた擦りキズ痕が、時間の経過とともに復元する世界初のクリヤー塗料「スクラッチガードコート」を開発した。この塗料を近くSUVの一部車種に採用する。

この塗装、すさまじいです!!

多少のすり傷なら、時間とともに元通り近い状態に復元されてしまうんだそうです!洗車機傷に関しては従来の塗装の5倍も傷が付きにくいそうです。

こんな塗装なら、ワックスやポリマーなどのコーティングをしなくても、当分の間それなりの輝きを保てそうですね(^^

それにしても、板金屋さんなどの塗装職人泣かせな技術だろうことは間違いありませんね…再塗装や補修は専門の塗装工場でしか受けられないとか…ありそうですよね。まぁそれでもこの塗装は魅力的ですけどね(^^
posted by たか at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術開発ニュース
2005年11月27日

ユーザーの要望に応えるインターナビ定額化

【インターナビ定額】ユーザーの要望に応える定額化、キャンペーンも

25日、本田技研工業がインターナビの取り組みと新たに投入される通信費定額サービスの記者説明会を行った。

冒頭、本田技研工業インターナビ推進室の今井武室長は、現在のインターナビの課題を紹介した。


定額制にするというのは、利用者にとってとても良いことだと思います。通信料を気にしながらでは、本来のパフォーマンスの半分も生かせないだろうと思いますから…。

携帯電話や携帯端末のパケット通信定額サービス同様、ユーザーの要望に応える姿勢が大切ですね。
posted by たか at 00:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術開発ニュース
2005年11月17日

ICタグで子供の交通事故防止---日産やNTT データなど5社

ICタグで子供の交通事故防止---日産やNTT データなど5社

日産自動車、NTTデータ、イッツ・コミュニケーションズ、トレンディ、東急セキュリティの5社は16日、横浜市青葉区みたけ台地区で、子供の交通事故防止を目指す実験を12月から開始すると発表した。

こういった取り組みは、とても良いと思います。

交通事故防止のみならず、誘拐や迷子などの捜査にも役に立つようであればなおさらです。その場合は、子供だけではなく必要に応じて大人にも使えますよね。
posted by たか at 01:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術開発ニュース
2005年11月12日

iPod 対応ナビをメーカーで初めて設定

日産、iPod 対応ナビをメーカーで初めて設定…記念イベント

日産自動車は、14日に日産銀座ギャラリーでイベント「エンジョイ・ニッサンwith iPod・1DAY MUSIC STATION in日産銀座ギャラリー」を開催すると発表した。

これは『iPod』対応HDDナビゲーションを、同社の関連会社のオーテックジャパンが、国産車として初めて新型『ウイングロードライダー』にメーカーオプション(オーテック扱い)に設定するのを記念したイベント。新型『ウイングロード』は14日に発売する。


何でもかんでも「ipod」対応の時代ですね(^^;

カーオーディをやナビなどは、やはりまだ市販品の方が高性能・高機能という流れだと思いますが、日産の新型「ウイングロード」にはipod対応のHDDナビが設定されるそうです。

とはいってもオプションですので、価格の方はお安いとは限りませんが…(^^;
posted by たか at 11:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術開発ニュース