技術開発ニュース

2005年12月20日

おサイフケータイ×公共交通 クルマ依存から、クルマ共生へ

おサイフケータイ×公共交通【伊予鉄】クルマ依存から、クルマ共生へ

伊予鉄グループの取り組みで注目なのは、公共交通のIT化・利便性の向上により、クルマ依存社会から脱して、「クルマ共生社会」への模索をしている点である。

同社は公共交通部門のICカード/おサイフケータイ対応だけでなく、日本最大規模のバス・ロケーションシステムの導入や、公共車両優先システム(PTPS)、パーク&バスライドへの取り組みなど、地方行政と共同で「まち作り」にまで積極的に関わっている。また、公共交通の発展と電子マネーで地域経済の活性化を視野に入れたリアルビジネスを展開している点も注目だろう。


確かに地方に行けばいくほど、車の無い生活は考えられない…というか車がないと生活ができないような状態ですよね。うちの方でも似たようなものです(^^;

車ありきで物事を考えていかないと、住めたものではありません。

もっと公共の交通網が発達すれば済む問題だと思いますが、それがなかなか難しい問題なのだろうと思います。
posted by たか at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術開発ニュース
2005年12月19日

内蔵のスポンジで吸音、世界初を謳うタイヤをダンロップが発表

内蔵のスポンジで吸音、世界初を謳うタイヤをダンロップが発表

住友ゴム工業は、タイヤの内部に吸音スポンジを配置するという新技術を採用したタイヤ「ダンロップ ルマンLM703」を、2005年12月14日に発表した。発売は2006年1月1日からで、サイズは5シリーズ79サイズ。価格はオープンプライスとなる。

ダンロップのルマンシリーズがまたまた進化したようですね。

僕は基本的に横浜タイヤ派なのですが、ダンロップのタイヤではこのルマンがお気に入りです(^^

ルマンは性能の割りに価格が安く、横浜タイヤのラインナップの穴を付いた設定だと思っています。なのでそのクラスのタイヤが必要なときは、横浜派の僕もダンロップのルマンを使用します。

今回の世界初を謳う新技術採用のタイヤはどんなものか?
一度試してみたいところです。

来年の1月1日発売とのことですので、ルマンを購入される予定の人はちょっとだけ待ったほうが良いかもしれませんね。まぁ待てる余裕のあるタイヤを装着している場合ですが…ツルツルのタイヤで待つのは危険ですので、その場合は乗らないことですね(^^;
posted by たか at 02:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術開発ニュース
2005年12月14日

子供の安全、ITで守れ 各社、防犯グッズ続々

子供の安全、ITで守れ 各社、防犯グッズ続々

広島市と栃木県今市市の女児が相次いで下校途中に殺害されるなど凶悪な事件が多発するなか、GPS(衛星利用測位システム)を利用した位置確認システムなど、携帯防犯端末で子供の安全を守ろうという取り組みが進んでいる。

GPSなどのIT技術を活用した携帯防犯端末で、子供の安全を守ろうという動きがあるようです。

こういった技術はそれはそれで素晴らしいものがありますし、うまく使うことによって防犯面で役に立つものだと思います。ですが、それらに頼りっきりになってしまってはいけないと思います。言い換えれば、それで「安心してはいけない」ということです。

それらと平行して、地域ぐるみのアナログ的な防犯対策を徹底し、また一人ひとりの子供においても、危機管理意識を持たせる教育をしていくことが必要だと思います。

家庭での個別の教育はもちろん、学校での教育も必要だと思います。

そういった多岐にわたる要素クリアしていくことによって、「安全」というものを具現化できるのではないでしょうか。
posted by たか at 01:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術開発ニュース
2005年12月12日

オートバックスセブン、ロードスターベースのオリジナル車両を発売

オートバックス、ロードスターベースのmonoCRAFT MH1 発売

オートバックスセブンは、オリジナルブランドの「monoCRAFT」シリーズに、新たにマツダ『ロードスター』をベースにヨーロッパモダン風にカスタマイズした、monoCRAFT『MH1』を設定、2006年1月14日より全国のオートバックスC@RS-SHOW店舗にて販売を開始する。

スーパーオートバックスセブンがオリジナルブランドの車を発売するそうです!

ベースとなる車両は、「マツダ・ロードスター」です。

オリジナルデザインですので好みはあるかと思いますが、人とは違ったロードスターに乗りたい人には良いかもしれませんね(^^

ただちょっとお値段が…ベース車両に+60万円って高い気がしますが、そんなものですかね(^^;
posted by たか at 00:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術開発ニュース
2005年12月05日

ゼンリンデータコムとサイバード、歩行者ナビサービス開始

ゼンリンデータコムとサイバード、「FOMA 90Xiシリーズ」向け歩行者ナビ

ゼンリンデータコムとサイバードは、iモードメニュー上にて提供中の地図情報サイト「ゼンリン携帯マップ」の名称を「ゼンリン地図+ナビ」に変更し、新規メニューとして「FOMA 90Xiシリーズ」向け歩行者ナビゲーションなどの新機能を、12月5日より追加する。

最近の携帯電話って、ホント多機能になりましたよね。

つい先日も友人の携帯(au)をナビ代わりに使ったのですが、本当に良くできています。携帯電話の機能というより、もうりっぱなナビゲーションです。高価なカーナビを買わなくても十分だと実感しました。

しかも携帯電話の機能ですから、車だけではなく歩行中に利用できますので、利便性は数段上になると思います。

日本の携帯電話はどこまで進化していくのでしょう?とても楽しみですね(^^
posted by たか at 00:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術開発ニュース
2005年12月04日

ボディのキズが自然に治る塗料…日産が開発

ボディのキズが自然に治る塗料…日産が開発

日産自動車は、洗車機やブッシュ走行などによる擦りキズやドアハンドル周辺の爪による引っかきキズなど、塗装表面に生じた擦りキズ痕が、時間の経過とともに復元する世界初のクリヤー塗料「スクラッチガードコート」を開発した。この塗料を近くSUVの一部車種に採用する。

この塗装、すさまじいです!!

多少のすり傷なら、時間とともに元通り近い状態に復元されてしまうんだそうです!洗車機傷に関しては従来の塗装の5倍も傷が付きにくいそうです。

こんな塗装なら、ワックスやポリマーなどのコーティングをしなくても、当分の間それなりの輝きを保てそうですね(^^

それにしても、板金屋さんなどの塗装職人泣かせな技術だろうことは間違いありませんね…再塗装や補修は専門の塗装工場でしか受けられないとか…ありそうですよね。まぁそれでもこの塗装は魅力的ですけどね(^^
posted by たか at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術開発ニュース
2005年11月27日

ユーザーの要望に応えるインターナビ定額化

【インターナビ定額】ユーザーの要望に応える定額化、キャンペーンも

25日、本田技研工業がインターナビの取り組みと新たに投入される通信費定額サービスの記者説明会を行った。

冒頭、本田技研工業インターナビ推進室の今井武室長は、現在のインターナビの課題を紹介した。


定額制にするというのは、利用者にとってとても良いことだと思います。通信料を気にしながらでは、本来のパフォーマンスの半分も生かせないだろうと思いますから…。

携帯電話や携帯端末のパケット通信定額サービス同様、ユーザーの要望に応える姿勢が大切ですね。
posted by たか at 00:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術開発ニュース
2005年11月17日

ICタグで子供の交通事故防止---日産やNTT データなど5社

ICタグで子供の交通事故防止---日産やNTT データなど5社

日産自動車、NTTデータ、イッツ・コミュニケーションズ、トレンディ、東急セキュリティの5社は16日、横浜市青葉区みたけ台地区で、子供の交通事故防止を目指す実験を12月から開始すると発表した。

こういった取り組みは、とても良いと思います。

交通事故防止のみならず、誘拐や迷子などの捜査にも役に立つようであればなおさらです。その場合は、子供だけではなく必要に応じて大人にも使えますよね。
posted by たか at 01:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術開発ニュース
2005年11月12日

iPod 対応ナビをメーカーで初めて設定

日産、iPod 対応ナビをメーカーで初めて設定…記念イベント

日産自動車は、14日に日産銀座ギャラリーでイベント「エンジョイ・ニッサンwith iPod・1DAY MUSIC STATION in日産銀座ギャラリー」を開催すると発表した。

これは『iPod』対応HDDナビゲーションを、同社の関連会社のオーテックジャパンが、国産車として初めて新型『ウイングロードライダー』にメーカーオプション(オーテック扱い)に設定するのを記念したイベント。新型『ウイングロード』は14日に発売する。


何でもかんでも「ipod」対応の時代ですね(^^;

カーオーディをやナビなどは、やはりまだ市販品の方が高性能・高機能という流れだと思いますが、日産の新型「ウイングロード」にはipod対応のHDDナビが設定されるそうです。

とはいってもオプションですので、価格の方はお安いとは限りませんが…(^^;
posted by たか at 11:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術開発ニュース
2005年11月04日

バイクETCモニター、応募締め切り…2日半で5000台超

バイクETCモニター、応募締め切り…2日半で5000台超

1日から開始されていたバイクETC(ノンストップ料金収受システム)の一般モニターが、わずか2日半で目標の5000台を超え、応募受付を締め切った。

思っていた以上に、バイクへのETC搭載を望む人が多いということでしょうね。バイク用のETC車載器は今のところ市販されていませんので、今回のものが初ということになるようです。

ただ…見た目が良くないですね(^^;
この辺は、モニターさんの今後の意見が反映されることを期待するしかありませんね。こういうものはバイクメーカー側と提携して、スッキリと収まるように作るのがベストだと、個人的には思いますが。
posted by たか at 04:39 | Comment(1) | TrackBack(0) | 技術開発ニュース
2005年10月25日

住友ゴムの「材料に石油を使わない」タイヤ

【東京モーターショー05】住友ゴムの「材料に石油を使わない」タイヤ

SRI=住友ゴム工業グループのダンロップファルケンタイヤは、東京モーターショーのプレスブリーフィング(20日)において、新世代の石油外資源タイヤ『ENASAVE ES801』を発表した。

この技術によって、タイヤそのものの常識が変わりそうですね。

しかも限りある石油をあまり使わないということは、環境や資源への配慮もなされることになると思いますので、今後ますます注目されることになりそうです!

来年の発売が楽しみなタイヤです(^^
posted by たか at 00:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術開発ニュース
2005年10月22日

ミシュラン「空気のいらないタイヤ」、日本に初登場

【東京モーターショー05】ミシュラン「空気のいらないタイヤ」、日本に初登場

タイヤ空気圧をモニタリングするシステムをさらにアドバンスさせた技術や、パンクしてもある程度は走れるランフラットタイヤなどの開発競争が過熱するタイヤ業界だが、ミシュランは一気に「空気のいらないタイヤ」を、東京モーターショーで日本に初登場させた!

空気のいらないタイヤですよ!すごいですね、これ。

市販化は視野に入っていないようなので、このようなタイヤが世に出回るのは当分先の話だろうと思いますけどね(^^;

でも、こういった特殊なタイヤが一般で使われることになると、タイヤ交換などの技術や設備の問題もでてきそうですね。
posted by たか at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術開発ニュース
2005年10月21日

時速370キロの電気自動車/慶大生ら開発

時速370キロの電気自動車/慶大生ら開発

千葉市の幕張メッセで開催中の東京モーターショーで20日、慶応大の学生らが開発した電気自動車「Eliica(エリーカ)」2台が公開された。充電式のリチウムイオン電池を使用。スポーツカー並みの加速性能があり、1台は昨年3月、イタリアのコースで時速約370キロを達成した。

「時速370キロ」なんていう非常識な速さに関しては、僕的にはどうでも良いことなんですが、このリチウムイオン電池は「100円の電気代で約100キロの走行が可能」というのは、今の原油高騰時代にとってすっごいお得感を感じます。ええ、そそられます(笑)

早く市販化できるようになると良いですね(^^
posted by たか at 01:18 | Comment(0) | TrackBack(1) | 技術開発ニュース
2005年10月17日

横置き ロータリー パワープラント

【東京モーターショー05】横置き ロータリー パワープラント

マツダ『プレマシー・ハイドロジェンREハイブリッド』のもうひとつのエポックは、横置きREのパワープラントを持ったこと。

今のロータリーエンジンって、燃費とかどうなんでしょ?これからの車にロータリーエンジンを搭載するんですから、おどろきです!しかも横置きFFですよ。
posted by たか at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術開発ニュース
2005年10月15日

その場でクルクル 車庫入れラクラク

トヨタ、環境にやさしい技術 その場でクルクル 車庫入れラクラク 22日から東京モーターショー

トヨタ自動車が11日発表した東京モーターショーへの出展内容は、燃料電池車のコンセプトカーや、新しい1人乗り電気自動車など、環境にやさしい次世代技術を目玉にしている。

燃料電池ハイブリッド車「Fine―X(ファインエックス)」=写真=は、四輪に電気モーターをそれぞれ内蔵し、別々に駆動させることで自由自在に動き回ることが可能だ。90度近くまでタイヤが曲がるので、その場で回転したり、車庫入れや縦列駐車も簡単にできる。


これなんだか気になります。この「Fine―X(ファインエックス)」…カッコウ良いというか、なんというか、ガルウイング?のようなドアが最高です!でも重そう…(^^;
posted by たか at 00:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術開発ニュース

クラリオン---iPod & ブルートゥース

【東京モーターショー05】クラリオン---iPod & ブルートゥース

クラリオンは東京モーターショーにおいて、独自のカーAV&NAVI、5.1chやリアエンターテイメント機能などを体感させることを目的に、カーライフに夢を膨らませられるような車載技術を展示する「クラリオンブース」を出展する。

クラリオンといえば…アゼスト、そしてマッキントッシュもそうですね(^^

ここ数年でカーオーディオなどのカーAV機器も大きく変化してきています。そろそろ次世代型?とでもいいますでしょうか?ネットとの連携によるサービス、そしてそれに伴う機器も増えてくるんでしょうね(^^

カーオーディオの中身は「PC」なんてことも全然可能でしょうからね。今後が楽しみです(^^
posted by たか at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術開発ニュース
2005年10月13日

日立、指静脈で車のエンジンをかけるシステム開発

日立、指静脈で車のエンジンをかけるシステム開発

日立製作所は11日、指の静脈で本人確認して自動車のエンジンをかけるシステムを発表した。

ついに車もここまできましたか!
静脈確認でのみエンジンがかけられるのなら、車両の盗難なんかもグッと減りそうですね。子供のいたずら防止、無免許者など車を運転するべきでない人が運転することも阻止できるような静脈登録システムを搭載できるのなら、なお良し!って感じです(^^
posted by たか at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術開発ニュース
2005年10月11日

ロジテック、車載MP3プレーヤーのホワイトモデル

ロジテック、車載MP3プレーヤーのホワイトモデル
−iPod専用給電アダプタが付属。FMトランスミッタ搭載


ロジテック株式会社は、FMトランスミッタ内蔵の車載用MP3プレーヤーのホワイトモデル「LAT-FM200U(W)」を10月25日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は7,980円前後の見込み。

車のシガーソケットから給電する車載用MP3プレーヤーで、8月に発売した「LAT-FM200U」のホワイトカラーモデルとなる。iPod shuffleやiPod nanoでの利用を想定しカラーマッチを図ったという。


最近はほんとにMP3が普及してきましたね。カーステレオでもMP3対応というのは珍しくなくなり、逆に新モデルで未対応のものを探すほうが難しいような状態ですもんね。ちなみに僕が使ってるヘッドユニットは…MP3未対応です(^^;

ま、そんな人でも、これで車内でMP3を楽しめるようになるので、FMトランスミッタは役に立ちますね(^^
posted by たか at 22:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術開発ニュース
2005年10月01日

トヨタ、腕時計でドアにカギ・非接触キー内蔵

トヨタ、腕時計でドアにカギ・非接触キー内蔵

【名古屋】トヨタ自動車は28日、非接触型キーシステム「スマートキー」を内蔵した腕時計を開発し、10月4日に発売すると発表した。腕時計を身につけてドアのハンドルを軽く握るとドアの施錠・解錠ができる。

ここ最近、非接触型キーシステムが多く見られるようになりましたが、腕時計型というのも面白い発想ですね。ただ、デザインによっては…「万人にウケる時計型」というのは難しいでしょうね(^^;

これからもっといろいろな発想のものが出てくるのでしょうから、楽しみなものの一つですね。
posted by たか at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術開発ニュース

三菱自、富士重がコンセプトカー

東京モーターショー2005 三菱自、富士重がコンセプトカー

三菱自動車と富士重工業は28日、来月21日から千葉市の幕張メッセで開催される「東京モーターショー」に出品するコンセプトカーを発表した。

三菱自動車は、2007年度に発売予定の新型「ランサーエボリューション」の「Concept―X」を出品する。アルミニウムを使って軽量化した排気量2リットルの新エンジンを搭載した。


新コンセプトの車の開発も大切だとは思いますが、「正しくつくる」ということも大切です。リコールが出たら直せばいい…ということではなく、リコールの出ないような精度の高い車を開発して欲しいですね。

安全性、完成度、という精度に磨きをかけて、新開発に期待したいです。

【関連記事】
三菱自動車、3人死傷事故で和解金の一部を補償
世界初披露が79台 東京モーターショーの概要発表
posted by たか at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術開発ニュース